二ノ宮知子が映画『蜜蜂と遠雷』登場人物を「のだめタッチ」で描き下ろし

映画『蜜蜂と遠雷』に二ノ宮知子が寄せたイラストが公開された。

10月4日から公開される『蜜蜂と遠雷』は国際ピアノコンクールを舞台にした恩田陸の同名小説が原作。ピアニストになることから逃げてきた元天才少女・亜夜役を松岡茉優、妻子を持ちながらも夢を諦めきれない明石役を松坂桃李、名門音楽院に在籍するマサル役を森崎ウィン、世界最高峰のピアニストから推薦状を受け取った謎の少年・塵役を新人の鈴鹿央士が演じる。

『のだめカンタービレ』などで知られる二ノ宮知子は、亜夜、明石、マサル、塵をそれぞれ描き下ろし。二ノ宮は映画について「原作のエッセンスを2時間で完璧に描いている。ダイナミックな演奏はもちろん、ピリピリした舞台裏の雰囲気から審査員同士のゴタゴタまで。ハイレベルな国際コンクールにまるごと立ち会ったような感覚が味わえる。クラシック音楽をテーマにした映画はたくさんありますけど、こういう作品は実は観たことがなかった気がする」「コンクールという特殊な場の雰囲気と、そこで音楽の高みを目指している若者たちの姿を一挙に体験できるのは、この映画の魅力だと思います。普段クラシックを聴かない方ほど、ぜひ体験してもらいたいです」とコメントを寄せている。

作品情報

『蜜蜂と遠雷』

2019年10月4日(金)から全国公開
監督・脚本:石川慶 原作:恩田陸『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎) 出演: 松岡茉優 松坂桃李 森崎ウィン 鈴鹿央士 臼田あさ美 ブルゾンちえみ 福島リラ 眞島秀和 片桐はいり 光石研 平田満 アンジェイ・ヒラ 斉藤由貴 鹿賀丈史 配給:東宝
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 二ノ宮知子が映画『蜜蜂と遠雷』登場人物を「のだめタッチ」で描き下ろし

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて