K・キェシロフスキ監督『デカローグ』デジタルリマスター版が劇場公開

映画『デカローグ デジタル・リマスター版』が4月上旬から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで公開される。

1989年に『ヴェネチア国際映画祭』国際評論家賞受賞を受賞した『デカローグ』は、「トリコロール三部作」などで知られ、今年生誕80年、没25年を迎えるクシシュトフ・キェシロフスキ監督の作品。旧約聖書の十戒をモチーフに、ポーランド・ワルシャワのアパートに暮らす人々の人生模様を全10話、587分の映像で綴る。日本語字幕の翻訳を寺尾次郎が担当。スタリー・キューブリックが「重要な映画」と評したほか、エドワード・ヤンや侯孝賢らが賛辞を送った。

最新レストアによるデジタルリマスター版が公開されるのは初。前売券は2月27日から劇場窓口、メイジャーネット通販で販売され、7,000円で全10話を鑑賞できる特典付き鑑賞券も用意される。

今回の発表とあわせて特報映像とメインビジュアル、石川慶、同作の日本語字幕の監修を手掛けた沼野充義、池田千尋、巖谷國士のコメントが公開。

石川慶のコメント

『デカローグ』には、映画のすべてが詰まっている、ポーランドの映画学校でそう教わった。
今回改めて全編見直してみて、考えを改めた。この映画には、人生のすべてが詰まっている。

沼野充義のコメント

『十戒』とはいっても、ここには神も英雄もいない。解決不能な状況に直面した普通の人間の苦しみと欲望があるだけ。だからこれは私のことでもあり、あなたのことでもある。見終えてからしばらく立ち上がれない。

池田千尋のコメント

人間とはいかに不完全であることか、その卑小さに徹底した眼差しを向けながら、それでもキェシロフスキは言う。生きなさいと、生きていて良いのだと。今を生き抜くために、私はいつも彼の作品を見るのだ。

巖谷國士のコメント

切なくいとおしい。ナチスによる破壊から蘇った美しい都市、ワルシャワに生まれた十篇の物語は、ガラス窓と光の冷やかな感触とともに暖かく育ってゆく。樹木や風、人の表情まで結晶に変える映像に『ふたりのベロニカ』の予感も走る。

作品情報

『デカローグ デジタル・リマスター版』

2021年4月上旬からシアター・イメージフォーラムで公開
監督:クシシュトフ・キェシロフスキ 脚本:クシシュトフ・ピシェヴィチ、クシシュトフ・キェシロフスキ 出演: ヴォイチェフ・クラタ クリスタナ・ヤンダ アレクサンデル・バルディーニ ダニエル・オルブリフスキ ヤヌーシュ・ガイヨス ミロスワフ・バカ グラジナ・シャポォオフスカ ズビグニェフ・ザマホスキ イェジー・シュトゥル ほか 上映時間:587分 配給:アイ・ヴィー・シー
  • HOME
  • Movie,Drama
  • K・キェシロフスキ監督『デカローグ』デジタルリマスター版が劇場公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて