『DUNE/デューン 砂の惑星』出水ぽすかイラスト&樋口真嗣らコメント到着

映画『DUNE/デューン 砂の惑星』の描き下ろしイラストと著名人コメントが到着した。

10月15日から公開される同作は、フランク・ハーバートの小説『デューン/砂の惑星』をドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が映画化した作品。「デューン」と呼ばれる砂漠の惑星アラキスを舞台に、父を殺され、全宇宙から命を狙われる主人公ポールの運命、宇宙世界の混迷を軸にしたドラマを展開。ポール役をティモシー・シャラメ、ポールの夢の中に登場する謎の女性チェイニー役をゼンデイヤ、ポールをサポートする腹心役をジェイソン・モモア、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン、ポールの両親役をレベッカ・ファーガソン、オスカー・アイザックがそれぞれ演じる。

『約束のネバーランド』の出水ぽすかが同作にインスパイアされて描き下ろしたイラストには、ポールをはじめとするアトレイデス家のキャラクターや、宿敵ハルコンネン家、襲い来るサンドワームなどが描かれている。出水は映画について「緊迫感あるシーンの連続で息つく暇がありませんでした。異星での文化の違いが生活の端々で不気味に映り、壮大な砂漠の中にも小さな家族の息づかいを感じる物語です」とコメント。

ヴィルヌーヴ監督も、「とても感動しています。キャラクターと映画の精神/スピリットを大切にしつつ、自分のものにしてくれているのが見てわかりますから。重力の使い方や、ドローイングの力学に何か特別なものを感じますし、非常に美しいなと思います。とても詩的ですし。他のアーティストが(自分の作品の)『画』から何かを感じ、自分の作品に落としてくれているというのは、僕にとってもとても感動的なことです。美しい贈り物だと感じます」と喜びを語っている。

今回の発表とあわせて、樋口真嗣、山崎貴、神山健治、荒牧伸志、石川慶、ヒグチユウコ、佐藤大、牧眞司、前田真宏、柴山智隆のコメントが公開。

樋口真嗣のコメント

やっと時代が、表現が追いつき、そして更なる高みへ飛びたつ。
削ぎ落とされ、鋭利な刃物のように聳え立つ美学。
そこで翻弄される高潔な意思と尽きない欲望。
まさかSFでここまで美しく脆く悲しく、そして抗えない運命を謳いあげる時が来ようとは。
2020年代を背負うであろうこの映画を大画面で観ない理由は、もはや何もないのだ。

山崎貴のコメント

本物のDUNEがそこにはあった。僕は2時間半、確かにアラキスに立っていた。そして、その歴史的な瞬間を目撃した。

神山健治のコメント

映像が持つ“説得力”が、SF映画ということを忘れさせる。我々は間違いなくデューンに連れて行かれる

荒牧伸志のコメント

期待通りな骨太さ、いや、それ以上の語り口でドゥニ監督はこの壮大な物語に対して、真正面から取り組み、DUNEの世界の魅力を全て描き出そうとしている。
映画の冒頭からその監督の意気込みが感じられて、見ている間も終わった後も、幸せな時間は続いていく。必見。オーニソプターに乗りたい。

石川慶のコメント

映画館でこんなに原始的な興奮を覚えたのはいつ以来だろう。
SF映画史を、以前・以後に切り裂いてしまうくらい鮮烈なインパクトを持つ作品だ。
まさに、新しい神話の誕生に立ち会っている、そんな映画体験。

ヒグチユウコのコメント

豪華なキャストと素晴らしい衣装。砂の惑星の厳しさと相反するなんとも言えない美しさ。
そして私の大好きな巨大な砂虫!あの背中に乗って砂漠を走り回りたいです。

佐藤大のコメント

様々な作品に影響を与えてきた伝説的SFファンタジーが画も物語も最高解像度で再構築された得難い体験。
原作との答え合わせやリンチ版との比較、ホドロフスキー企画への目配せ等を超えた新たな叙事詩の開幕を心から賞賛。
知らない人こそ繊細に描かれるポールの冒険のはじまりが楽しめるかも。先入観なくしてもう一度観ます。

牧眞司のコメント

畏怖のかたまりのような宇宙船、異様意匠の建造物、そして圧倒的量感のサンドワーム。息を呑むばかりのイメージは、たんなる映像的外連ではなく、主人公ポール・アトレイデスを、そしてすべての存在を巻きこんでいく、壮絶な運命論を象徴している。震撼すべきSF映画。

前田真宏のコメント

その人を待っていた。

美しき古典が 鮮やかに
美しいイメージとして焼き付けられた。

古い、新しいではない。
技術の優劣でもない。

新しい古典の誕生に立ち会って欲しい。
目覚めの時を待ちながら
その世界に出逢って欲しい。

ヴィルヌーヴさん、ありがとう。あなたで本当に良かった。

柴山智隆のコメント

圧倒的な没入感。
全方位を砂に覆われ、一瞬足元まで砂に埋まったような感覚に襲われて座席の下を覗いてしまった。
香料メランジを含む砂は美しくも死を予感させ、死の中で輝きを増していくティモシー・シャラメ演じるポールに導かれるような映像体験。
劇場でこそ観ていただきたい作品です。

作品情報

『DUNE/デューン 砂の惑星』

2021年10月15日(金)から全国公開
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 脚本:エリック・ロス、ジョン・スペイツ、ドゥニ・ヴィルヌーヴ 原作:フランク・ハーバート『デューン/砂の惑星』(ハヤカワ文庫) 出演: ティモシー・シャラメ レベッカ・ファーガソン オスカー・アイザック ジョシュ・ブローリン ステラン・スカルスガルド ゼンデイヤ シャーロット・ランプリング ジェイソン・モモア ハビエル・バルデム ほか 配給:ワーナー・ブラザース映画
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 『DUNE/デューン 砂の惑星』出水ぽすかイラスト&樋口真嗣らコメント到着

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて