『大ラジカセ展』に100台超のラジカセ集結、MJや峯田和伸らも参加

『日本発 アナログ合体家電 大ラジカセ展』が、12月9日から東京・池袋のパルコミュージアムで開催される。

家電蒐集家の松崎順一(デザインアンダーグラウンド)が監修を務める同展では、ラジカセやカセットテープの実物とあわせて、その背景にあるカルチャーを紹介。松崎の5千点におよぶラジカセコレクションから多機能ラジカセや巨大なラジカセなど100台以上を展示する。

さらにYMOの『テクノポリス』や1980年代に発行された『TRA』などのカセットマガジンを展示するほか、カセットへの愛を語るみうらじゅんの映像、ビートたけしの『オールナイトニッポン』を録音した水道橋博士のカセットコレクションなども公開。参加作家には伊藤桂司、永井博、西寺郷太(NONA REEVES)、峯田和伸(銀杏BOYZ)、本秀康、和田ラヂヲらが名を連ねる。

また会場には、ヴィンテージラジカセなどが集まるショップが登場。東京・中目黒のショップ「waltz」のグッズも販売される。

イベント情報

『日本発 アナログ合体家電 大ラジカセ展』

2016年12月9日(金)~12月27日(火) 会場:東京都 池袋 パルコミュージアム
時間:10:00~21:00(12月27日は18:00まで、入場は閉場の30分前まで) 料金:一般500円 学生400円 ※小学生以下無料
  • HOME
  • Life&Society
  • 『大ラジカセ展』に100台超のラジカセ集結、MJや峯田和伸らも参加

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて