ニュース

「奴隷体質」中村優一が自撮りヒーローに、井口昇『スレイブメン』予告編

『スレイブメン』 ©2017「スレイブメン」製作委員会
『スレイブメン』 ©2017「スレイブメン」製作委員会

井口昇監督の映画『スレイブメン』の予告編が公開された。

2017年3月10日から東京・シネマート新宿、大阪・シネマート心斎橋ほか全国で公開される『スレイブメン』は、気弱な自主映画監督のしまだやすゆきを主人公に、ダークヒーロー「スレイブメン」となったしまだが1人の少女の運命を変えようと奮闘する様を描く。

予告編ではスレイブメンのビジュアルが公開されているほか、スレイブメンが相手の顔を5秒間スキャンするとその運命を変化させられる能力を持つことが明かされている。また中村優一演じる「奴隷体質」のしまだが自撮りをする様子や、着ているTシャツを破いて脱ぎ捨てるシーン、スレイブメンが女性を次々に殴る様子などが映し出されている。

あわせて同作の主題歌がBRATSの“脳内消去ゲーム”になることが発表。同曲は予告編でも確認することができる。

井口昇監督のコメント

ネットやTwitterなどで予想以上の反響を呼んだ「スレイブメン」の予告編が遂に発表されました!
後ろ姿しか判明されてなかった「スレイブメン」の衝撃的なルックスと特徴が遂に解禁され、一筋縄ではいかないヒーローである事がよりわかって貰えると思います!
「スレイブメン」はSNS時代に投げ掛ける、世界初の「自画撮りするヒーロー」「現実をディスるヒーロー」です。中村優一さんのイケメン自画撮りシーンが沢山楽しめます!
今話題のBRATSさんによる主題歌も破壊力がありつつ激キュートで、インパクト充分です!
今回発表された予告編も、まだまだ本編の要素の一部でしかありません。
熱くも泣ける、想像を絶する映画ですので皆様、ぜひ劇場でご堪能ください!

黒宮れい(BRATS)のコメント

今回は『スレイブメン』とタイアップで「脳内消去ゲーム」を主題歌に使って頂いて嬉しいです!まさか映画に使われると思ってなくて、最初は自分の歌が映画に使われることがウソみたいというかしんじられなくて、正直今でもビックリしています。
映画と曲がマッチしていてかっこよく聞こえて相乗効果なのかな、って思いました!笑

黒宮あや(BRATS)のコメント

なんかエンディングっぽくて良かったし内容にも合っていて良かったと思います。
こっちの曲もMV作りたい感じですねw
またこういうような仕事が出来たらいいなぁと思います。

ひなこ(BRATS)のコメント

想像していたよりもずっと映画の内容と曲の雰囲気や歌詞が合っていてとても良かったです。自分たちの演奏する曲が、映画のエンドロールで流れるのがこんなにも嬉しいものだとは思いませんでした。これからも疾走感のある曲をたくさんやっていきたいです。

『スレイブメン』 ©2017「スレイブメン」製作委員会
『スレイブメン』 ©2017「スレイブメン」製作委員会
『スレイブメン』 ©2017「スレイブメン」製作委員会『スレイブメン』 ©2017「スレイブメン」製作委員会
『スレイブメン』 ©2017「スレイブメン」製作委員会『スレイブメン』 ©2017「スレイブメン」製作委員会
『スレイブメン』 ©2017「スレイブメン」製作委員会
『スレイブメン』 ©2017「スレイブメン」製作委員会
『スレイブメン』 ©2017「スレイブメン」製作委員会
『スレイブメン』 ©2017「スレイブメン」製作委員会
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談 1

    ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談

  2. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 2

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  3. 『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら 3

    『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら

  4. 歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来 4

    歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来

  5. 新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任 5

    新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任

  6. ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一 6

    ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一

  7. 米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録 7

    米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録

  8. ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着 8

    ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着

  9. 『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞 9

    『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞

  10. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 10

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために