ブリューゲルの『バベルの塔』24年ぶりに来日、ボスの初来日作2点も

『ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝 ― ボスを超えて ―』が、2017年4月18日から東京・上野の東京都美術館で開催される。

16世紀のネーデルラント派を代表する画家ピーテル・ブリューゲル。人々の暮らしや民話、寓話をモチーフに、素朴さの中におかしみや批判的視点を織り込んだ作品を発表した。

同展では、ブリューゲルの代表作の1つである『バベルの塔』を日本で24年ぶりに展示。ブリューゲルはバベルの塔を題材に少なくとも3作品を制作したとされるが、現存するのは同展で展示されるオランダ・ロッテルダムのボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館所蔵の『バベルの塔』と、オーストリア・ウィーン美術史美術館に所蔵されている『バベルの塔』のみだという。

また会場では今年で没後500年を迎え、ブリューゲルにも影響を与えたとされるヒエロニムス・ボスの油彩画『放浪者』『聖クリストフォロス』を日本初公開。さらにボスの画風を模倣して「モンスター」を描いた版画作品や、同時代に活動したネーデルラントの作家による彫刻や絵画も紹介される。

イベント情報

『ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝 ― ボスを超えて ―』

2017年4月18日(火)~7月2日(日) 会場:東京都 上野 東京都美術館 企画展示室
時間:9:30~17:30(金曜は20:00まで、入室は閉室の30分前まで) 休室日:月曜(5月1日は開室) 料金:一般1,600円 大学生・専門学校生1,300円 高校生800円 65歳以上1,000円 ※中学生以下は無料 ※身体障害者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、被爆者健康手帳をお持ちの方と付添の方1名は無料
  • HOME
  • Art,Design
  • ブリューゲルの『バベルの塔』24年ぶりに来日、ボスの初来日作2点も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて