ニュース

SHAKALABBITSが2017年をもって無期限活動休止

SHAKALABBITS
SHAKALABBITS

SHAKALABBITSが2017年内をもって無期限活動休止することがわかった。

1999年に結成されたSHAKALABBITSは現在、UKI(Vo)、MAH(Dr)、TAKE-C(Gt)、YOSUKE(Ba)の4人編成。今回の決定はメンバー・スタッフと協議を重ねた結果だという。

無期限活動休止に寄せたメンバーのコメントでは、「17年間という長い年月を、1度も立ち止まらずにここまで活動出来たのは、何よりも傍で支え続けてくれたファンの皆様の温かい声援があったからこそだと心底感じております」とファンへの想いを明かしている。さらに「活動休止まで約1年間となりますが、SHAKALABBITSの世界が終わるまで、どうぞお付き合いください」と呼びかけている。

SHAKALABBITSは、4月に8枚目となるフルアルバムを発表予定。リリースツアーも開催する。なお1月19日から東京・新宿FACEで上演されるProject Nyxの舞台『時代はサーカスの象にのって』にバンド演奏で参加するほか、2月14日に東京・鶯谷の東京キネマ倶楽部でアコースティックライブ『Hallelujah Circus Acoustic SHOW III』を開催する。休止までの活動については今後も発表される予定だ。

SHAKALABBITSのコメント

いつもSHAKALABBITSを応援していただき、ありがとうございます。

メンバー・スタッフと協議を重ねた結果、2017年内を以って、無期限の活動休止をする決断を致しました。

17年間という長い年月を、1度も立ち止まらずにここまで活動出来たのは、何よりも傍で支え続けてくれたファンの皆様の温かい声援があったからこそだと心底感じております。この場を借りて厚く御礼申し上げます。

2017年は、昨年参加した舞台の再出演、独立後より毎年行っているアコースティックライブ、更に5年ぶりとなるFull Albumリリース&リリースツアー開催が既に決定しております。

他にも様々な活動をしていきますので、今後の発表をお楽しみにしていてください。

活動休止まで約1年間となりますが、SHAKALABBITSの世界が終わるまで、どうぞお付き合いください。

宜しく御願い致します。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年