ニュース

生田斗真×広瀬すず『先生!』追加キャストに竜星涼、森川葵、比嘉愛未ら

左上から時計回りに竜星涼、森川葵、健太郎、比嘉愛未、中村倫也 ©河原和音/集英社 ©2017 映画「先生!」製作委員会
左上から時計回りに竜星涼、森川葵、健太郎、比嘉愛未、中村倫也 ©河原和音/集英社 ©2017 映画「先生!」製作委員会

映画『先生!』の追加キャストが発表された。

『先生!』は、2003年まで『別冊マーガレット』で連載されていた河原和音の同名漫画をもとにした作品。生田斗真が演じる教師・伊藤貢作に、広瀬すず演じる女子高生・島田響が人生で初めての恋をするというあらすじだ。

今回出演が明らかになったのは、響が所属する南高弓道部の部長・川合浩介役の竜星涼、響の恋を浩介と共に応援する親友・千草恵役の森川葵、響たちが通う高校の同地区にある北高の弓道部員・藤岡勇輔役の健太郎、伊藤の同僚で美術を教える中島幸子役の比嘉愛未、中島にアプローチする同僚教師・関矢正人役の中村倫也。それぞれによるコメントが発表されている。

なお同作のメガホンを取るのは、『僕等がいた』『ホットロード』など恋愛漫画をもとにした映画作品を多く手掛ける三木孝浩。脚本を『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の岡田麿里が担当する。

竜星涼のコメント

人を想い恋することのせつなさと輝きを純粋に描いたこの作品に出演できること、とてもワクワクしています。浩介の内に秘めた熱さを繊細に美しく表現して伊藤と響、中島と浩介のコントラストが出るよう努めたいと思います。

森川葵のコメント

登場人物全員がそれぞれ自分の想いを持っていてその想いに向き合っていこうとするのに障害によって阻まれてしまう、しかし愛の力で乗り越えていくという愛の力って強いなと感じる台本でした。そんな愛の力を私は作品へ向け撮影を乗り越えられたらと千草と奮闘していきたいと思います。

健太郎のコメント

『先生!』に参加できてとても光栄です。
この作品は先生と生徒の恋愛という切なく儚い部分がある物語だと思うのですが、だからこそ生まれるそれぞれの純粋さが浮き彫りになる作品だと思います。
そんな中で僕が演じる藤岡は、弓道にも響にもまっすぐで、とても純粋に想う気持ちがある青年なのでそこを大事に演じていきたいです。

中村倫也のコメント

色気のある斗真くん演じる伊藤先生と対照的な、全く色気のない教師を演じようと息巻いております。(笑)小さい頃大きく見えた滑り台を大人になって見ると「あれ、こんなに小さかったけ?」ってことありますよね。このキラキラと輝く熱く淡い物語に、少しだけ舌触りの良いスパイスを加えられたらと思います。

比嘉愛未のコメント

原作を読ませて頂いて、学生時代のキラキラした感覚を思い出しました。
この世界観に参加出来ること、そして三木監督とまたご一緒出来ることが本当に嬉しいです!!大人だからこそ素直になれない歯がゆさ、若さゆえのひたむきさ、観る人が共感し、心に響く作品創りが出来るよう中島先生を精一杯生きたいと思います。

『先生!』人物相関図 ©河原和音/集英社 ©2017 映画「先生!」製作委員会
『先生!』人物相関図 ©河原和音/集英社 ©2017 映画「先生!」製作委員会
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年