ニュース

平埜生成×超新星ユナクが「夜の用事棒」に、漫画『バウンサー』連ドラ化

みずたまことの漫画『バウンサー』がドラマ化され、4月14日からBSスカパー!で放送される。

『別冊ヤングチャンピオン』で連載中の『バウンサー』は、夜の街の安定を守る用心棒集団を描く作品。ドラマ版ではオリジナルストーリーも交えながら、用心棒集団である民間警備会社「東京フィスト」への入社を決意した獅子戸丈一郎が、社員への研修期間を経て成長していく様を描く。

短気な性格が災いして職を転々としている獅子戸役を演じるのは平埜生成。獅子戸の直属の上司で、高圧的な性格の敏腕社員・蜂野信也役をユナク(超新星)が演じる。監督は、映画『君に届け』『近キョリ恋愛』などを手掛け、9月公開予定の吉高由里子主演作『ユリゴコロ』でもメガホンを取った熊澤尚人が務める。

平埜生成のコメント

「俺みてェな奴のいられる場所なんて…何処にもねェ……」
主人公の獅子戸がこぼした小さな叫びは、僕に痛く染み込みました。『バウンサー』には誰にも漏らすことの出来ない若者の真実が描かれています。生半可な気持ちでは到底太刀打ちできません。しかし、少しでも共鳴した1人の読者として、俳優として、人間として!今は小さいかもしれない獅子戸の叫びを、絶対に皆様が振り向くような大きな叫びにします。みてください!応援してください!宜しくお願い致します!

ユナク(超新星)のコメント

日本の連続TVドラマのW主演に決まってすごく嬉しいです。アウトローたちの群像劇を描いた漫画の実写化ということで、これまで経験したことがない男たちを描く作品に出会えたこと、それに、蜂野信也というとても面白い役どころを演じさせていただくことを楽しみにしています。冬の撮影になりますが、男たちの熱い友情で寒さを乗り越えます!熊澤監督はじめスタッフさん、そして素敵なキャストの皆さん達と最高の演技ができるように頑張りますので、どうぞ楽しみにしてください!

平埜生成
平埜生成
ユナク(超新星)
ユナク(超新星)
みずたまこと『バウンサー』1巻表紙(秋田書店)
みずたまこと『バウンサー』1巻表紙(秋田書店)
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年