ニュース

『第59回グラミー賞』ノミネート発表、Beyonceが最多9部門&坂本龍一も

『第59回グラミー賞』のノミネート作品が発表された。

シングル曲の演奏者や製作チームに贈られる「最優秀レコード賞」にノミネートされたのはAdele『Hello』、Beyonce『Formation』、Lukas Graham『7 Years』、Rihanna Featuring Drake『Work』、Twenty One Pilots『Stressed Out』。「最優秀アルバム賞」にはAdele『25』、Beyonce『Lemonade』、ジャスティン・ビーバー『Purpose』、Drake『Views』、スターギル・シンプソン『A Sailor's Guide To Earth』の5作品が選出された。

また「最優秀楽曲賞」にはBeyonce“Formation”、Adele“Hello”、マイク・ポズナー“I Took A Pill In Ibiza”、ジャスティン・ビーバー“Love Yourself”、Lukas Graham“7 Years”がノミネート。「最優秀新人賞」の候補者にはケルシー・バレリーニ、The Chainsmokers、Chance The Rapper、マレン・モリス、Anderson .Paakが名を連ねている。

最多ノミネートを果たしたのは、「最優秀ミュージックビデオ賞」を含む9部門に選ばれたBeyonce。『The Life Of Pablo』が「最優秀ラップアルバム賞」候補に選ばれたカニエ・ウェストをはじめ、Rihanna、Drakeが8部門、Chance The Rapperが7部門でノミネートを果たした。またデヴィッド・ボウイの遺作となった『★(Blackstar)』は「最優秀ロックパフォーマンス賞」など5部門にノミネートされた。

さらに「最優秀サウンドトラックアルバム賞」映像作品部門の候補に、坂本龍一とAlva Notoが手掛けた『レヴェナント:蘇えりし者』が選出。「最優秀クラシックソロボーカルアルバム賞」には、ピアニストの内田光子が参加した『Schumann & Berg』がノミネートされている。

各賞の発表と授賞式は2月12日に行なわれる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く