ニュース

『第59回グラミー賞』ノミネート発表、Beyonceが最多9部門&坂本龍一も

『第59回グラミー賞』のノミネート作品が発表された。

シングル曲の演奏者や製作チームに贈られる「最優秀レコード賞」にノミネートされたのはAdele『Hello』、Beyonce『Formation』、Lukas Graham『7 Years』、Rihanna Featuring Drake『Work』、Twenty One Pilots『Stressed Out』。「最優秀アルバム賞」にはAdele『25』、Beyonce『Lemonade』、ジャスティン・ビーバー『Purpose』、Drake『Views』、スターギル・シンプソン『A Sailor's Guide To Earth』の5作品が選出された。

また「最優秀楽曲賞」にはBeyonce“Formation”、Adele“Hello”、マイク・ポズナー“I Took A Pill In Ibiza”、ジャスティン・ビーバー“Love Yourself”、Lukas Graham“7 Years”がノミネート。「最優秀新人賞」の候補者にはケルシー・バレリーニ、The Chainsmokers、Chance The Rapper、マレン・モリス、Anderson .Paakが名を連ねている。

最多ノミネートを果たしたのは、「最優秀ミュージックビデオ賞」を含む9部門に選ばれたBeyonce。『The Life Of Pablo』が「最優秀ラップアルバム賞」候補に選ばれたカニエ・ウェストをはじめ、Rihanna、Drakeが8部門、Chance The Rapperが7部門でノミネートを果たした。またデヴィッド・ボウイの遺作となった『★(Blackstar)』は「最優秀ロックパフォーマンス賞」など5部門にノミネートされた。

さらに「最優秀サウンドトラックアルバム賞」映像作品部門の候補に、坂本龍一とAlva Notoが手掛けた『レヴェナント:蘇えりし者』が選出。「最優秀クラシックソロボーカルアルバム賞」には、ピアニストの内田光子が参加した『Schumann & Berg』がノミネートされている。

各賞の発表と授賞式は2月12日に行なわれる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー