北村諒が夜に生きる男娼役、中国映画原作の15禁舞台『Yè-夜-』

舞台『Yè-夜-』が、4月5日から東京・池袋の東京芸術劇場 シアターウエストで上演される。

1992年生まれの映画監督ジョウ・ハオの同名映画を原作とする『Yè-夜-』。中国・重慶の裏通りで売春する若者たちの交流を描く。同作が舞台化されるのは世界初となる。

売春で身を立てる青年・水仙役を北村諒、後ろめたさを感じながら水仙と関係を持つサラリーマン・夜来香役を松村龍之介、セックスワーカーを痛めつける嗜好を持つ乱暴な客・刺役を谷口賢志がそれぞれ演じる。脚本・演出は演劇プロデュースユニット空想組曲の主宰で、ゲームシナリオライターとしても活動するほさかようが担当。

チケットの抽選先行予約は2月4日から受付開始。一般発売は2月18日にスタートする。DVD付きパンフレットが付属するプレミアムチケットも用意される。なお同公演は15歳未満の鑑賞が禁止されている。

作品情報

『Yè-夜-』

2017年4月5日(水)~4月9日(日)全7公演 会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 シアターウエスト
原作:ジョウ・ハオ『Yè-夜-』 脚本・演出:ほさかよう(空想組曲) 出演: 北村諒 松村龍之介 谷口賢志 ほか 料金:前売7,800円 当日8,300円 学生3,900円 プレミアムチケット9,800円(DVD付属パンフレット付)

関連リンク

  • HOME
  • Stage
  • 北村諒が夜に生きる男娼役、中国映画原作の15禁舞台『Yè-夜-』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて