ムーミンの物語を追体験する「ムーミンバレーパーク」、2019年埼玉に誕生

ムーミンのテーマパーク「ムーミンバレーパーク」が2019年春に埼玉・飯能の宮沢湖を中心としたエリアにオープンする。

同施設は、「北欧時間が流れる森と湖での体験を通じて、こころの豊かさの本質に気づき、日常生活へと持ち帰れる場所」を目指す新たなテーマパーク「メッツァ」内の1ゾーンとして展開。ムーミン一家が暮らすムーミン屋敷や、ムーミンの物語を追体験できる複数のアトラクション、物語の中で登場する灯台、水浴び小屋などの設置を予定している。さらにレストランやオリジナル商品を販売するギフトショップなども計画中。

なおメッツァはムーミンバレーパークと、2018年秋に開業予定の北欧のライフスタイルを体験できる「メッツァビレッジ」の2つのゾーンから構成される。

ムーミンはフィンランドの作家トーベ・ヤンソンによる作品シリーズ。1945年にシリーズ最初の作品『小さなトロールと大きな洪水』が発表され、小説、絵本、漫画などの形式で創作された。

  • HOME
  • Life&Society
  • ムーミンの物語を追体験する「ムーミンバレーパーク」、2019年埼玉に誕生

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて