タルコフスキー、トリアー、大島渚らの15本を上映する『宗教映画祭』

上映企画『信じる人をみる 宗教映画祭』が、12月10日から東京・渋谷のユーロスペースで開催される。

「宗教を考える」をテーマに、宗教や信仰を扱った国内外の映画15作品を上映する同企画。日本大学芸術学部映画学科の学生の主導で行なわれ、メンバーの多くはオウム真理教事件の起こった1995年に生まれたという。

上映作品には、キリスト教福音宣教会が主催するサマーキャンプの様子を捉えた記録映画『ジーザス・キャンプ~アメリカを動かすキリスト教原理主義~』や、アルプス山脈の修道院に監督が6か月間住み込んで撮影された『大いなる沈黙へ グランド・シャルトルーズ修道院』などがラインナップ。カール・テオドア・ドライヤー、イングマール・ベルイマン、アンドレイ・タルコフスキー、ラース・フォン・トリアー、アブデラマン・シサコ、大島渚、塩田明彦、高橋泉、山本政志らの監督作品も上映される。上映スケジュールは『信じる人をみる 宗教映画祭』のオフィシャルサイトでチェックしよう。

イベント情報

『信じる人をみる 宗教映画祭』

2016年12月10日(土)~12月16日(金) 会場:東京都 渋谷 ユーロスペース
上映作品: 『裁かるゝジャンヌ』(監督:カール・テオドア・ドライヤー) 『天草四郎時貞』(監督:大島渚) 『冬の光』(監督:イングマール・ベルイマン) 『ノスタルジア』(監督:アンドレイ・タルコフスキー) 『奇跡の海』(監督:ラース・フォン・トリアー) 『ある朝スウプは』(監督:高橋泉) 『カナリア』(監督:塩田明彦) 『大いなる沈黙へ グランド・シャルトルーズ修道院』(監督:フィリップ・グレーニング) 『ジーザス・キャンプ~アメリカを動かすキリスト教原理主義~』(監督:ハイディ・ユーイング、レイチェル・グレイディ) 『シークレット・サンシャイン』(監督:イ・チャンドン) 『神々と男たち』(監督:グザヴィエ・ボーヴォワ) 『セデック・バレ』(監督:ウェイ・ダーション) 『神は死んだのか』(監督:ハロルド・クロンク) 『禁じられた歌声』(監督:アブデラマン・シサコ) 『水の声を聞く』(監督:山本政志)
  • HOME
  • Movie,Drama
  • タルコフスキー、トリアー、大島渚らの15本を上映する『宗教映画祭』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて