マイク・ミルズの新作映画『20TH CENTURY WOMEN』、6月に日本公開

映画『20TH CENTURY WOMEN(原題)』が6月から東京・丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国で公開される。

同作は『人生はビギナーズ』などの監督作を発表しており、作家ミランダ・ジュライの夫としても知られるマイク・ミルズが、自身の母親をテーマに据えて制作した作品。1970年代末のアメリカ・サンタバーバラを舞台に、シングルマザーのドロシー、居候のパンク写真家、ドロシーの息子の友人である少女の3人の女性の姿を描く。

主人公ドロシー役をアネット・ベニングが演じているほか、写真家役にグレタ・ガーウィグ、少女役にエル・ファニングがキャスティングされている。現地時間の12月12日に発表された『第74回ゴールデン・グローブ賞』ではミュージカル・コメディー部門の作品賞と主演女優賞の2部門にノミネートされた。

作品情報

『20TH CENTURY WOMEN(原題)』

2017年6月から丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国公開
監督:マイク・ミルズ 出演: アネット・ベニング エル・ファニング グレタ・ガーウィグ 配給:ロングライド
  • HOME
  • Movie,Drama
  • マイク・ミルズの新作映画『20TH CENTURY WOMEN』、6月に日本公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて