ニュース

迷子少年が25年後にGoogle Earthで故郷探し、実話映画『LION』4月公開

『LION/ライオン(原題)』 ©2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia
『LION/ライオン(原題)』 ©2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia

映画『LION/ライオン(原題)』が4月から東京・日比谷のTOHOシネマズみゆき座ほか全国で公開される。

インドで迷子になった5歳の少年が、25年後にGoogle Earthを駆使して生まれ故郷に辿り着いたという実話をモチーフにした同作。インドのスラム街で停車中の電車で眠ってしまい、遠くの地に運ばれた5歳のサルーが、養子に出されたオーストリアで成長し、迷子になってから25年後にかすかな記憶とGoogle Earthを頼りに故郷の家を探し始めるというあらすじだ。

成長したサルー役を演じたのは、『スラムドッグ$ミリオネア』で主演を務めたデヴ・パテル。共演者にはルーニー・マーラ、ニコール・キッドマン、デヴィッド・ウェンハムらが名を連ねている。プロデュースを手掛けたのは『英国王のスピーチ』のイアン・カニング。監督はガース・デイヴィスが務めた。

なお同作は現地時間の12月12日にアメリカ・ロサンゼルスでノミネーションの発表が行なわれた『第74回ゴールデン・グローブ賞』でドラマ部門の作品賞と作曲賞にノミネートされたほか、デヴ・パテルが助演男優賞、ニコール・キッドマンが助演女優賞の候補に選出されている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開