エマーソン北村の2年ぶりソロ作、長文エッセイ付き&ジャケは惣田紗希

エマーソン北村のニューアルバム『ロックンロールのはじまりは』が、本日12月14日にリリースされた。

キーボーディストのエマーソン北村は、これまでにJAGATARA、MUTE BEAT、THEATRE BROOKといったバンドの活動に参加。忌野清志郎、斉藤和義、キセル、EGO-WRAPPIN'をはじめとするミュージシャンのサポートも行なっている。2014年にはソロとして約10年ぶりのアルバム『遠近に』をリリースした。

『ロックンロールのはじまりは』には、Blood, Sweat & Tears、アーヴィング・バーリンのカバーを含む全6曲を収録。ミックスを北村自身が担当したほか、付属のブックレットには書き下ろしの長文エッセイが掲載されている。ジャケットデザインは惣田紗希が手掛けた。

同作の発売にあわせて、大関泰幸が監督を務めた“帰り道の本”のPVが公開。またエマーソンによる収録曲のライブ動画も公開中だ。

リリース情報

関連リンク

  • HOME
  • Music
  • エマーソン北村の2年ぶりソロ作、長文エッセイ付き&ジャケは惣田紗希

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて