映画から社会を読む宮台真司の評論集『正義から享楽へ』、黒沢清と対談も

宮台真司の映画評論集『正義から享楽へ―映画は近代の幻を暴く―』が、12月29日に刊行される。

映画サイト「Real Sound映画部」で連載された『宮台真司の月刊映画時評』をまとめる同書。2015年から2016年にかけて発表された評論を加筆・再構成の上で収録する。映画の分析を通して、「正義」から「享楽」への価値のシフトといった世界の変化が示されるという。

分析対象として取り上げられている作品は、庵野秀明総監督による『シン・ゴジラ』、細田守監督『バケモノの子』、森達也監督『FAKE』、黒沢清監督『岸辺の旅』、橋口亮輔監督『恋人たち』など。また対談も併録され、黒沢清、富田克也(空族)と相澤虎之助(空族)らが登場している。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 映画から社会を読む宮台真司の評論集『正義から享楽へ』、黒沢清と対談も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて