「世界最大級の人災」メキシコ湾原油流出事故を描く実話映画が4月公開

映画『バーニング・オーシャン』が4月から全国で公開される。

同作は、2010年にメキシコ湾沖の石油掘削施設「ディープウォーター・ホライゾン」で、掘削中の海底油田から逆流した天然ガスが引火爆発を起こした「メキシコ湾原油流出事故」をモチーフにした作品。同事故では大量の原油がメキシコ湾に流出し、作業員126人が施設内に閉じ込められた。映画では人為的ミスの連鎖や親会社と下請け会社の確執、被害の拡大を食い止めようとする現場作業員の脱出劇などを描く。

主演を務めるのはマーク・ウォールバーグ。共演者にはカート・ラッセル、ジョン・マルコヴィッチ、ジーナ・ロドリゲス、ディラン・オブライエン、ケイト・ハドソンらが名を連ねる。監督は『ローン・サバイバー』『バトルシップ』などのピーター・バーグ。

作品情報

『バーニング・オーシャン』

2017年4月から全国公開
監督:ピーター・バーグ 出演: マーク・ウォールバーグ カート・ラッセル ジョン・マルコヴィッチ ジーナ・ロドリゲス ディラン・オブライエン ケイト・ハドソン 配給:KADOKAWA
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 「世界最大級の人災」メキシコ湾原油流出事故を描く実話映画が4月公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて