ニュース

アピチャッポンを多角的に読み解く批評集、執筆陣に飴屋法水、佐々木敦ら

夏目深雪、金子遊編著による書籍『アピチャッポン・ウィーラセタクン 光と記憶のアーティスト』が12月21日に刊行された。

1970年にタイ・バンコクで生まれた映画監督、現代美術作家のアピチャッポン・ウィーラセタクン。1月29日まで東京・恵比寿の東京都写真美術館で個展『亡霊たち』が開催中だ。

同書ではアピチャッポンの作品を、映画論、アート、文化人類学の3つの視点を軸に、英語、タイ語による論考の翻訳も交えて多角的に分析。さらに全長編作品を語るアピチャッポンのインタビューや作品ガイドも収録されている。

執筆者にはアピチャッポン、夏目、金子をはじめ、相澤虎之助(空族)、飴屋法水、綾部真雄、伊藤俊治、岩城京子、カレン・ニューマン、北小路隆志、キュンチョメ、佐々木敦、高野秀行、トニー・レインズ、中村紀彦、福島真人、福冨渉、福間健二、港千尋、四方田犬彦、渡邉大輔が名を連ねている。

『アピチャッポン・ウィーラセタクン 光と記憶のアーティスト』表紙
『アピチャッポン・ウィーラセタクン 光と記憶のアーティスト』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)