架空の玩具や生き物描く鉛筆画、関川航平の個展『figure / out』

関川航平の個展『figure / out』が、1月11日から東京・銀座のガーディアン・ガーデンで開催される。

1990年生まれの関川航平は、鉛筆を用いたドローイング作品やインスタレーションの制作、パフォーマンスなどを行なっているアーティスト。4月まで開催された『第14回グラフィック「1_WALL」』でグランプリを受賞した。

同展では受賞後に描かれた新作のドローイング作品を中心に展示。架空の玩具、工芸品、生物などが作品のモチーフになっているという。また会期中の1月27日には、関川と『第14回グラフィック「1_WALL」』で審査員を務めた大原大次郎が登壇するトークイベント『生まれてしまったものの混乱』が開催される。

イベント情報

第14回グラフィック「1_WALL」グランプリ受賞者個展
関川航平展
『figure / out』

2017年1月11日(水)~1月27日(金) 会場:東京都 銀座 ガーディアン・ガーデン
時間:11:00~19:00 休館日:日曜、祝日 料金:無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 架空の玩具や生き物描く鉛筆画、関川航平の個展『figure / out』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて