『進撃の巨人』ハリウッド映画化に向けてワーナーが交渉中、米メディア報道

諫山創の漫画『進撃の巨人』のハリウッド映画化に向けて、アメリカのワーナー・ブラザースが交渉を進めているとアメリカの映画メディア「Deadline」が報じた。

報道によるとハリウッド版の製作には、映画『ハリー・ポッター』シリーズや『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』を手掛けたプロデューサーのデヴィッド・ハイマンが参加する予定。詳細は明らかになっていない。

原作漫画は2009年から『別冊少年マガジン』で連載中の作品。2013年にテレビアニメ化され、2015年には三浦春馬主演による2部作の実写映画版が公開された。また今年4月からテレビアニメのシーズン2がスタートするほか、夏には舞台版の上演も控えている。

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『進撃の巨人』ハリウッド映画化に向けてワーナーが交渉中、米メディア報道

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて