ニュース

『直木賞』に6度目ノミネートの恩田陸、『芥川賞』は山下澄人

『第156回芥川龍之介賞』および『第156回直木三十五賞』の受賞作品が発表された。

両賞の選考会は本日1月19日に東京・築地の新喜楽で開催。『芥川賞』には『新潮』2016年7月号に掲載された山下澄人『しんせかい』、『直木賞』には恩田陸『蜜蜂と遠雷』が選出された。

『芥川賞』に輝いた山下澄人は、1966年生まれ、兵庫・神戸出身。1996年から劇団FICTIONを主宰し、作・演出を手掛けている。2011年から小説の発表を開始し、『芥川賞』候補にはこれまでに3回挙がっていたが、落選。4度目のノミネートで受賞を果たした。受賞作『しんせかい』は、演劇を学ぶために北へ向かい、「谷」と呼ばれる場所で自給自足の共同生活を始める10代の若者を描いた作品だ。

『直木賞』を受賞した恩田陸は、1964年生まれ、宮城・仙台出身。1992年に小説家デビューを果たし、これまで6度にわたって『直木賞』候補に挙げられていた。受賞作『蜜蜂と遠雷』はピアノコンクールを舞台にした青春群像小説だ。

なお『芥川賞』候補には加藤秀行、岸政彦、古川真人、宮内悠介、『直木賞』候補には冲方丁、垣根涼介、須賀しのぶ、森見登美彦の作品が挙げられていた。

山下澄人『しんせかい』表紙
山下澄人『しんせかい』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

jizue“SAKURA” Live at EBISU LIQUIDROOM, Tokyo

昨年末に恵比寿LIQUIDROOMにて開催されたjizueのワンマンライブより、アンコール曲“SAKURA”の映像が公開。バンドには、大人には、人の集合体には、いいこともスムーズにいかないこともあるのだと思わされながらも、「それでもjizueなりに前に進んでいく」といった彼らの心が語られたあとに、バンド初期に作られたこの曲が披露された。片木(Pf)の涙と笑顔、男性メンバーの叫びなど、4人の表情にも注目してほしい。4人に引っ張られたストリングス隊も、「こんな激しいストリングスの演奏見たことない」と言いたくなるくらい、感情が溢れ出ている。(矢島)

  1. こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も 1

    こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も

  2. 野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真 2

    野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真

  3. 『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ 3

    『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ

  4. 高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化 4

    高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化

  5. 『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送 5

    『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送

  6. 宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁 6

    宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁

  7. King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」 7

    King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」

  8. ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM 8

    ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM

  9. 『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示 9

    『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示

  10. 中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生 10

    中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生