ニュース

『直木賞』に6度目ノミネートの恩田陸、『芥川賞』は山下澄人

『第156回芥川龍之介賞』および『第156回直木三十五賞』の受賞作品が発表された。

両賞の選考会は本日1月19日に東京・築地の新喜楽で開催。『芥川賞』には『新潮』2016年7月号に掲載された山下澄人『しんせかい』、『直木賞』には恩田陸『蜜蜂と遠雷』が選出された。

『芥川賞』に輝いた山下澄人は、1966年生まれ、兵庫・神戸出身。1996年から劇団FICTIONを主宰し、作・演出を手掛けている。2011年から小説の発表を開始し、『芥川賞』候補にはこれまでに3回挙がっていたが、落選。4度目のノミネートで受賞を果たした。受賞作『しんせかい』は、演劇を学ぶために北へ向かい、「谷」と呼ばれる場所で自給自足の共同生活を始める10代の若者を描いた作品だ。

『直木賞』を受賞した恩田陸は、1964年生まれ、宮城・仙台出身。1992年に小説家デビューを果たし、これまで6度にわたって『直木賞』候補に挙げられていた。受賞作『蜜蜂と遠雷』はピアノコンクールを舞台にした青春群像小説だ。

なお『芥川賞』候補には加藤秀行、岸政彦、古川真人、宮内悠介、『直木賞』候補には冲方丁、垣根涼介、須賀しのぶ、森見登美彦の作品が挙げられていた。

山下澄人『しんせかい』表紙
山下澄人『しんせかい』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 1

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  2. 平野紫耀×桜井日奈子『ういらぶ。』 キュン声♡絶叫上映が東名阪で開催 2

    平野紫耀×桜井日奈子『ういらぶ。』 キュン声♡絶叫上映が東名阪で開催

  3. 有村架純とのデートを疑似体験するwicca動画 「ほっぺプニプ二は照れた」 3

    有村架純とのデートを疑似体験するwicca動画 「ほっぺプニプ二は照れた」

  4. HEY-SMITH・猪狩が語る、人を動かすために「パンク」を選んだ訳 4

    HEY-SMITH・猪狩が語る、人を動かすために「パンク」を選んだ訳

  5. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 5

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  6. 遠藤憲一×小栗旬のリハーサルシーン公開 本日放送開始の宮藤官九郎ドラマ 6

    遠藤憲一×小栗旬のリハーサルシーン公開 本日放送開始の宮藤官九郎ドラマ

  7. 二階堂ふみ×GACKT『翔んで埼玉』、「埼玉ディス」満載の予告編公開 7

    二階堂ふみ×GACKT『翔んで埼玉』、「埼玉ディス」満載の予告編公開

  8. KAT-TUN中丸雄一のソロアクト公演『中丸君の楽しい時間』第3弾 来年上演 8

    KAT-TUN中丸雄一のソロアクト公演『中丸君の楽しい時間』第3弾 来年上演

  9. 韓国版『いま、会いにゆきます』が来春公開 ソ・ジソブ×ソン・イェジン 9

    韓国版『いま、会いにゆきます』が来春公開 ソ・ジソブ×ソン・イェジン

  10. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 10

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開