ニュース

『花森安治の仕事』展に約750点、『暮しの手帖』表紙原画や自筆原稿も

『花森安治の仕事―デザインする手、編集長の眼』が、2月11日から東京・用賀の世田谷美術館で開催される。

NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の主人公のモデルとなった大橋鎭子と共に1948年に後の『暮しの手帖』となる『美しい暮しの手帖』を創刊した花森安治。編集長として取材から執筆、表紙画、カット、レイアウト、新聞広告、中吊り広告、制作、宣伝まで幅広く手掛けた。

暮しの手帖社の協力のもと花森の仕事を俯瞰する同展。花森が編集長を務めた『暮しの手帖』創刊号から153号までの誌面を抜粋して紹介するほか、誌面作りの素材となった表紙の原画、写真、版下といった画稿、自筆原稿、中吊り広告、新聞広告、ドキュメント写真、さらに『暮しの手帖』創刊以前の足跡を辿る資料や、外部出版社から依頼された装幀の仕事など約750点が展示される。

会期中には花森の長女・土井藍生を迎えた講演会『父・花森安治のこと』や、『暮しの手帖』の元編集部員・小榑雅章による講演会『花森安治の「暮しの手帖」』を開催。詳細は世田谷美術館のオフィシャルサイトで確認しよう。

なお同展は4月18日から愛知・碧南市藤井達吉現代美術館、6月16日から富山・高岡市美術館、9月2日から岩手・盛岡の岩手県立美術館を巡回する。

『花森安治の仕事―デザインする手、編集長の眼』チラシビジュアル
『花森安治の仕事―デザインする手、編集長の眼』チラシビジュアル
中吊り広告『暮しの手帖 1世紀99号』、デザイン:花森安治、1969年2月1日刊行用、世田谷美術館蔵
中吊り広告『暮しの手帖 1世紀99号』、デザイン:花森安治、1969年2月1日刊行用、世田谷美術館蔵
画像を拡大する(22枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 1

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  2. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 2

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  3. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 3

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  4. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 4

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  5. 漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用 5

    漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用

  6. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 6

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演

  7. ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が? 7

    ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が?

  8. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 8

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  9. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 9

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  10. コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている 10

    コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている