ニュース

『花森安治の仕事』展に約750点、『暮しの手帖』表紙原画や自筆原稿も

『花森安治の仕事―デザインする手、編集長の眼』が、2月11日から東京・用賀の世田谷美術館で開催される。

NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の主人公のモデルとなった大橋鎭子と共に1948年に後の『暮しの手帖』となる『美しい暮しの手帖』を創刊した花森安治。編集長として取材から執筆、表紙画、カット、レイアウト、新聞広告、中吊り広告、制作、宣伝まで幅広く手掛けた。

暮しの手帖社の協力のもと花森の仕事を俯瞰する同展。花森が編集長を務めた『暮しの手帖』創刊号から153号までの誌面を抜粋して紹介するほか、誌面作りの素材となった表紙の原画、写真、版下といった画稿、自筆原稿、中吊り広告、新聞広告、ドキュメント写真、さらに『暮しの手帖』創刊以前の足跡を辿る資料や、外部出版社から依頼された装幀の仕事など約750点が展示される。

会期中には花森の長女・土井藍生を迎えた講演会『父・花森安治のこと』や、『暮しの手帖』の元編集部員・小榑雅章による講演会『花森安治の「暮しの手帖」』を開催。詳細は世田谷美術館のオフィシャルサイトで確認しよう。

なお同展は4月18日から愛知・碧南市藤井達吉現代美術館、6月16日から富山・高岡市美術館、9月2日から岩手・盛岡の岩手県立美術館を巡回する。

『花森安治の仕事―デザインする手、編集長の眼』チラシビジュアル
『花森安治の仕事―デザインする手、編集長の眼』チラシビジュアル
中吊り広告『暮しの手帖 1世紀99号』、デザイン:花森安治、1969年2月1日刊行用、世田谷美術館蔵
中吊り広告『暮しの手帖 1世紀99号』、デザイン:花森安治、1969年2月1日刊行用、世田谷美術館蔵
画像を拡大する(22枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. GEZANマヒト談話・後編。希望を歌う覚悟と、己に潜む怪物を語る 1

    GEZANマヒト談話・後編。希望を歌う覚悟と、己に潜む怪物を語る

  2. 新田真剣佑がThe Chainsmokers“Closer”を公式カバー、歌唱映像も公開 2

    新田真剣佑がThe Chainsmokers“Closer”を公式カバー、歌唱映像も公開

  3. 羊文学・塩塚が語る、愛と許し 聴き手の「よりどころ」となる歌を 3

    羊文学・塩塚が語る、愛と許し 聴き手の「よりどころ」となる歌を

  4. 蜷川実花の写真集『悪い男』に菅田将暉、松坂桃李、斎藤工、片寄涼太ら登場 4

    蜷川実花の写真集『悪い男』に菅田将暉、松坂桃李、斎藤工、片寄涼太ら登場

  5. 『ONE PIECE』×カップヌードルCM完結 ルフィの高校生としての素顔が判明 5

    『ONE PIECE』×カップヌードルCM完結 ルフィの高校生としての素顔が判明

  6. 『ハスラーズ』の怒り。オスカー候補から漏れた事実も物語と共振 6

    『ハスラーズ』の怒り。オスカー候補から漏れた事実も物語と共振

  7. 東京事変の新EP『ニュース』4月発売 “選ばれざる国民”含む新曲5曲収録 7

    東京事変の新EP『ニュース』4月発売 “選ばれざる国民”含む新曲5曲収録

  8. 星野源が「世界で歌う」胸中を語るNHK特番 ワールドツアーのライブ映像も 8

    星野源が「世界で歌う」胸中を語るNHK特番 ワールドツアーのライブ映像も

  9. 上地雄輔が役柄を語る 『連続ドラマW 彼らを見ればわかること』第5話紹介 9

    上地雄輔が役柄を語る 『連続ドラマW 彼らを見ればわかること』第5話紹介

  10. 「観た人間は全員死んだ」 映画『アントラム/史上最も呪われた映画』 10

    「観た人間は全員死んだ」 映画『アントラム/史上最も呪われた映画』