『花森安治の仕事』展に約750点、『暮しの手帖』表紙原画や自筆原稿も

『花森安治の仕事―デザインする手、編集長の眼』が、2月11日から東京・用賀の世田谷美術館で開催される。

NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の主人公のモデルとなった大橋鎭子と共に1948年に後の『暮しの手帖』となる『美しい暮しの手帖』を創刊した花森安治。編集長として取材から執筆、表紙画、カット、レイアウト、新聞広告、中吊り広告、制作、宣伝まで幅広く手掛けた。

暮しの手帖社の協力のもと花森の仕事を俯瞰する同展。花森が編集長を務めた『暮しの手帖』創刊号から153号までの誌面を抜粋して紹介するほか、誌面作りの素材となった表紙の原画、写真、版下といった画稿、自筆原稿、中吊り広告、新聞広告、ドキュメント写真、さらに『暮しの手帖』創刊以前の足跡を辿る資料や、外部出版社から依頼された装幀の仕事など約750点が展示される。

会期中には花森の長女・土井藍生を迎えた講演会『父・花森安治のこと』や、『暮しの手帖』の元編集部員・小榑雅章による講演会『花森安治の「暮しの手帖」』を開催。詳細は世田谷美術館のオフィシャルサイトで確認しよう。

なお同展は4月18日から愛知・碧南市藤井達吉現代美術館、6月16日から富山・高岡市美術館、9月2日から岩手・盛岡の岩手県立美術館を巡回する。

イベント情報

『花森安治の仕事―デザインする手、編集長の眼』

東京会場 2017年2月11日(土・祝)~4月9日(日) 会場:東京都 用賀 世田谷美術館 1階展示室 時間:10:00~18:00(入場は17:30まで) 休館日:月曜(3月20日は開館)、3月21日 料金:一般1,000円 65歳以上、大高校生800円 中小生500円 ※一般の障がい者の方は500円、大高中小生の障がい者の方は無料、介助者は1名まで無料 愛知会場 2017年4月18日(火)~5月21日(日) 会場:愛知県 碧南市藤井達吉現代美術館 富山会場 2017年6月16日(金)~7月30日(日) 会場:富山県 高岡市美術館 岩手会場 2017年9月2日(土)~10月15日(日) 会場:岩手県 盛岡 岩手県立美術館
  • HOME
  • Art,Design
  • 『花森安治の仕事』展に約750点、『暮しの手帖』表紙原画や自筆原稿も

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて