『アートフェア東京2017』に国内外150ギャラリー、入場無料の特設会場も

国際的なアートフェア『アートフェア東京2017』が、3月17日から東京・有楽町の東京国際フォーラムで開催される。

2005年から開催されている『アートフェア東京』。12回目となる今回は、「Art is Alive -アートに近づく、アートが近づく-」をテーマに据えて開催される。フランス、イタリア、インドネシア、中国、韓国といった国外15ギャラリーを含む150軒のギャラリーが出展し、古美術、工芸から日本画、近代美術、現代アートまで幅広いジャンルの作品を紹介する。

会場では12ギャラリーが1組ずつ作家を選出して個展を展開するセクション『PROJECTS』が設けられるほか、入場無料のロビーギャラリーでは若手作家の作品約60点を展示販売。会期中にはガイドツアーや、ドキュメンタリー映画『スーパーサイズ・ミー』のマスコットキャラクターを手掛けたロン・イングリッシュによるライブペインティングも行なわれる。さらに関連するトークプログラムなどを同会場内で実施。詳細は『アートフェア東京』のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『アートフェア東京2017』

2017年3月17日(金)13:00~20:00 2017年3月18日(土)11:00~20:00 2017年3月19日(日)10:30~17:00 会場:東京都 有楽町 東京国際フォーラム ホールE・ロビーギャラリー
料金:前売2,500円 当日2,800円 ※小学生以下無料(要大人同伴)

関連リンク

  • HOME
  • Art/Design
  • 『アートフェア東京2017』に国内外150ギャラリー、入場無料の特設会場も

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて