KUNIOの海外戯曲新訳シリーズが始動、第1弾は『夏の夜の夢』

KUNIOによる舞台『夏の夜の夢』が、8月23日から東京・池袋のあうるすぽっとで上演される。

演出家・舞台美術家の杉原邦生が2004年に設立した舞台カンパニー・KUNIO。固定の俳優やスタッフを持たず、プロデュース公演形式で活動している。2015年には柴幸男(ままごと)による書き下ろし戯曲『TATAMI』を上演した。

『夏の夜の夢』は、ある森を舞台に人間や妖精が入り乱れるウィリアム・シェイクスピアの喜劇。今回の上演台本には、シェイクスピア研究者の桑山智成(京都大学)による新訳を使用する。桑山は2014年に行なわれたKUNIOの公演『ハムレット』でも翻訳を手掛けている。また出演者の一部はオーディションで決定。詳細はKUNIOのオフィシャルサイトをチェックしよう。なお同公演は、KUNIOによる海外戯曲の新翻訳上演シリーズの第1弾となる。

イベント情報

KUNIO13
『夏の夜の夢』

2017年8月23日(水)~8月27日(日) 会場:東京都 池袋 あうるすぽっと
演出・美術:杉原邦生 作:ウィリアム・シェイクスピア 翻訳:桑山智成
  • HOME
  • Stage
  • KUNIOの海外戯曲新訳シリーズが始動、第1弾は『夏の夜の夢』

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて