『第20回TARO賞』の受賞者が決定、大賞作品はミサイルがモチーフ

『第20回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)』の受賞者が発表された。

岡本太郎の精神を継承し、太郎の残した言葉である「時代を創造する者は誰か」を問う『岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)』。20回目を迎える今回は、499点の応募作品から26組が入選した。

大賞にあたる「岡本太郎賞」を受賞したのは、山本直樹による『Miss Ile のみた風景』。砂糖でミサイルや都市を表した作品となり、審査員の和多利浩一は「今日性と社会性で優れた作品」と評している。「岡本敏子賞」には井原宏蕗『cycling』、特別賞にはあべゆか『BE GOD.』、井上裕起『salamander [F1]』、黒木重雄『One day』が輝いた。審査員を務めたのは椹木野衣、平野暁臣、北條秀衛、山下裕二、和多利浩一。

なお入賞者と入選者の作品を集めた『第20回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)展』が、本日2月3日から神奈川・川崎市岡本太郎美術館で開催されている。

詳細情報

『第20回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)』受賞結果

岡本太郎賞 山本直樹『Miss Ile のみた風景』 岡本敏子賞 井原宏蕗『cycling』 特別賞 あべゆか『BE GOD.』 井上裕起『salamander [F1]』 黒木重雄『One day』 入選 因幡都頼『平成炎上図』 冨田美穂『388 全身図II』 工藤千尋『王国の入り口(と、出口)』 ユアサエボシ『GHQ PORTRAITS』 岡野里香『Myself』 ナルコ『八方睨みのサルトル』 繪畑彩子『人生はひまつぶし』 山田弘幸『慾玉』 川上幸子『Genom』 Scott Allen『spring』 福嶋幸平『生の間』 照屋美優『Room +』 加藤真史『Vacancy』 井口雄介『360』 石野平四郎『紅い波』 福本歩『タオ・マーケット』 後藤拓朗『先端絵画掲示板』 毒山凡太朗『経済産業省第四分館』 MYU mikki『deep time』 奥村彰一『おてんば納涼図』 鈴木伸吾『枯山水南の島』
イベント情報

『第20回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)展』

2017年2月3日(金)~4月9日(日) 会場:神奈川県 川崎市岡本太郎美術館
時間:9:30~17:00(入館は16:30まで) 休館日:月曜(3月20日は開館)、3月21日、3月22日 料金:一般700円 大学・高校生・65歳以上500円 ※中学生以下は無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 『第20回TARO賞』の受賞者が決定、大賞作品はミサイルがモチーフ

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて