公募展『FACE展 2017』、900人超から選ばれた入選作71点を紹介

『FACE展 2017 損保ジャパン日本興亜美術賞展』が、2月25日から東京・新宿の東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で開催される。

今回で5回目の開催となる同展は、損保ジャパン日本興亜美術財団の公益財団法人への移行を機に創設された公募形式の展覧会。審査員には同館館長の中島隆太をはじめ、多摩美術大学教授の本江邦夫、東京オペラシティアートギャラリーのチーフキュレーターの堀元彰、上野の森美術館学芸員の坂元暁美、三菱一号館美術館学芸グループ長の野口玲一が名を連ねている。

展示作品は、902人による応募作品から選出された受賞作品9点および入選作品62点の全71点。なお、グランプリには青木恵美子の『INFINITY Red』、優秀賞には大石奈穂の『うその融点』、石橋暢之の『ジオラマの様な風景』、杉田悠介の『山』が選ばれている。会期中には来場者投票による『オーディエンス賞』の選出を実施。またグランプリおよび優秀賞の受賞作家4人は、3年ごとに開催予定のグループ展に参加する。

イベント情報

『FACE展 2017 損保ジャパン日本興亜美術賞展』

2017年2月25日(土)~3月30日(木) 会場:東京都 新宿 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
時間:10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで) 休館日:月曜(3月20日は開館) 料金:一般600円 大学生400円 ※高校生以下、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付添の方1名、被爆者健康手帳を提示の方は無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 公募展『FACE展 2017』、900人超から選ばれた入選作71点を紹介

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて