ニュース

『ふじのくに⇄せかい演劇祭2017』に7作品 タニノクロウ新作の野外公演も

『ふじのくに⇄せかい演劇祭 2017』が、4月28日から静岡・静岡芸術劇場、舞台芸術公園、駿府城公園ほかで開催される。

宮城聰が芸術総監督を務めるSPAC-静岡県舞台芸術センターが主催する同イベント。2000年に開始された『Shizuoka春の芸術祭』が名称を改め、『ふじのくに⇄せかい演劇祭』として2011年から毎年開催されている。

今回のラインナップは7作品。日本からはソポクレスのギリシャ悲劇を宮城聰が演出する『アンティゴネ ~時を超える送り火~』、タニノクロウ(庭劇団ペニノ)による新作『MOON』、リヒャルト・シュトラウスと皇紀2600年記念行事の関係を史実を交えて描く『1940―リヒャルト・シュトラウスの家―』が上演される。

また海外カンパニーによる日本初演作には、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの小説を脚色した一人芝居『ウェルテル!』、シリア・ダマスカスに生きる人々を描いたアラビア語作品『ダマスカス While I Was Waiting』、腹話術師の国際会議を題材にした『腹話術師たち、口角泡を飛ばす』、イタリアのピッポ・デルボーノが構成・演出・出演を手掛ける『六月物語』が並ぶ。なお『アンティゴネ ~時を超える送り火~』『MOON』の2作品は野外公演となる。

チケットの一般販売は2月25日にスタート。『1940―リヒャルト・シュトラウスの家―』のみ2月18日から販売が開始される。同作を除く6作品の観賞が可能なパスポートも用意される。

『ふじのくに⇄せかい演劇祭 2017』ビジュアル
『ふじのくに⇄せかい演劇祭 2017』ビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告