『ふじのくに⇄せかい演劇祭2017』に7作品 タニノクロウ新作の野外公演も

『ふじのくに⇄せかい演劇祭 2017』が、4月28日から静岡・静岡芸術劇場、舞台芸術公園、駿府城公園ほかで開催される。

宮城聰が芸術総監督を務めるSPAC-静岡県舞台芸術センターが主催する同イベント。2000年に開始された『Shizuoka春の芸術祭』が名称を改め、『ふじのくに⇄せかい演劇祭』として2011年から毎年開催されている。

今回のラインナップは7作品。日本からはソポクレスのギリシャ悲劇を宮城聰が演出する『アンティゴネ ~時を超える送り火~』、タニノクロウ(庭劇団ペニノ)による新作『MOON』、リヒャルト・シュトラウスと皇紀2600年記念行事の関係を史実を交えて描く『1940―リヒャルト・シュトラウスの家―』が上演される。

また海外カンパニーによる日本初演作には、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの小説を脚色した一人芝居『ウェルテル!』、シリア・ダマスカスに生きる人々を描いたアラビア語作品『ダマスカス While I Was Waiting』、腹話術師の国際会議を題材にした『腹話術師たち、口角泡を飛ばす』、イタリアのピッポ・デルボーノが構成・演出・出演を手掛ける『六月物語』が並ぶ。なお『アンティゴネ ~時を超える送り火~』『MOON』の2作品は野外公演となる。

チケットの一般販売は2月25日にスタート。『1940―リヒャルト・シュトラウスの家―』のみ2月18日から販売が開始される。同作を除く6作品の観賞が可能なパスポートも用意される。

イベント情報

『ふじのくに⇄せかい演劇祭 2017』

2017年4月28日(金)~5月7日(日) 会場:静岡県 静岡芸術劇場、舞台芸術公園、駿府城公園ほか
上演作品: 『アンティゴネ ~時を超える送り火~』(構成・演出:宮城聰、作:ソポクレス) 『MOON』(作・演出:タニノクロウ) 『ウェルテル!』(演出:ニコラス・シュテーマン、原作:ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ) 『ダマスカス While I Was Waiting』(演出:オマル・アブーサアダ、作:ムハンマド・アル=アッタール) 『腹話術師たち、口角泡を飛ばす』(演出:ジゼル・ヴィエンヌ、作:デニス・クーパー) 『六月物語』(構成・演出:ピッポ・デルボーノ) 『1940―リヒャルト・シュトラウスの家―』(演出:宮城聰、脚本:大岡淳)
  • HOME
  • Stage
  • 『ふじのくに⇄せかい演劇祭2017』に7作品 タニノクロウ新作の野外公演も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて