ニュース

『ふじのくに⇄せかい演劇祭2017』に7作品 タニノクロウ新作の野外公演も

『ふじのくに⇄せかい演劇祭 2017』が、4月28日から静岡・静岡芸術劇場、舞台芸術公園、駿府城公園ほかで開催される。

宮城聰が芸術総監督を務めるSPAC-静岡県舞台芸術センターが主催する同イベント。2000年に開始された『Shizuoka春の芸術祭』が名称を改め、『ふじのくに⇄せかい演劇祭』として2011年から毎年開催されている。

今回のラインナップは7作品。日本からはソポクレスのギリシャ悲劇を宮城聰が演出する『アンティゴネ ~時を超える送り火~』、タニノクロウ(庭劇団ペニノ)による新作『MOON』、リヒャルト・シュトラウスと皇紀2600年記念行事の関係を史実を交えて描く『1940―リヒャルト・シュトラウスの家―』が上演される。

また海外カンパニーによる日本初演作には、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの小説を脚色した一人芝居『ウェルテル!』、シリア・ダマスカスに生きる人々を描いたアラビア語作品『ダマスカス While I Was Waiting』、腹話術師の国際会議を題材にした『腹話術師たち、口角泡を飛ばす』、イタリアのピッポ・デルボーノが構成・演出・出演を手掛ける『六月物語』が並ぶ。なお『アンティゴネ ~時を超える送り火~』『MOON』の2作品は野外公演となる。

チケットの一般販売は2月25日にスタート。『1940―リヒャルト・シュトラウスの家―』のみ2月18日から販売が開始される。同作を除く6作品の観賞が可能なパスポートも用意される。

『ふじのくに⇄せかい演劇祭 2017』ビジュアル
『ふじのくに⇄せかい演劇祭 2017』ビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会