火星で採取した地球外生命体が進化、真田広之も出演の米SF映画『ライフ』

映画『ライフ』が7月8日から東京・丸の内ピカデリーほか全国で公開される。

同作は、火星で採取した地球外生命体を極秘調査するために、国際宇宙ステーションに集った6人の宇宙飛行士の恐怖と死闘を描くSFスリラー。高い頭脳を持ち、次第に進化する「それ」の存在によって宇宙飛行士たちの関係が狂い始め、やがて命が奪われていくというあらすじだ。

宇宙飛行士役を演じるのは、『デッドプール』のライアン・レイノルズをはじめ、ジェイク・ギレンホール、レベッカ・ファーガソン、真田広之ら。監督はレイノルズの出演作『デンジャラス・ラン』を手掛けたダニエル・エスピノーサ、脚本は『デッドプール』のポール・ワーニックとレット・リースが担当している。

作品情報

『ライフ』

2017年7月8日(土)から丸の内ピカデリーほか全国公開
監督:ダニエル・エスピノーサ 出演: ジェイク・ギレンホール ライアン・レイノルズ レベッカ・ファーガソン 真田広之 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 火星で採取した地球外生命体が進化、真田広之も出演の米SF映画『ライフ』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて