ニュース

野村萬斎が木下順二の戯曲『子午線の祀り』を演出 成河、若村麻由美ら出演

左上から時計回りに野村萬斎、成河、河原崎國太郎、若村麻由美、村田雄浩、今井朋彦
左上から時計回りに野村萬斎、成河、河原崎國太郎、若村麻由美、村田雄浩、今井朋彦

舞台『子午線の祀り』が、7月に東京・三軒茶屋の世田谷パブリックシアターで上演される。

1979年に初演された『子午線の祀り』は、『平家物語』を題材に源平合戦を描く木下順二の戯曲。徐々に追い込まれる平家軍を指揮する平知盛の戦いと苦悩を、複数人の読み手の声で表現する「群読」のスタイルを取り入れて描いた作品だ。

今回演出を手掛けるのは野村萬斎。1999年と2004年に知盛役を演じた野村は、初めて同作の演出に挑む。出演者には野村をはじめ、成河、河原崎國太郎、今井朋彦、村田雄浩、若村麻由美が名を連ねている。音楽は武満徹によるものが使用される。

なお東京・三軒茶屋のシアタートラムでは、昨年10月に野村の演出で『戯曲リーディング「子午線の祀り」を読む』を上演。同公演には野村、若村らが出演した。

『子午線の祀り』チラシビジュアル
『子午線の祀り』チラシビジュアル
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

冠木佐和子『夏のゲロは冬の肴』

『アヌシー国際アニメーション映画祭』学生部門で審査員賞に輝いた『夏のゲロは冬の肴』。ビビッドな色使いと繰り返される嘔吐音が印象的な(けれどなぜか愛らしい)アニメはもちろん、受賞の際にステージで「I wanna fuck everyone.」とスピーチしたという90年生まれの監督・冠木佐和子にも注目。仲條正義の『忘れちゃってEASY 思い出してCRAZY』展を思い出させるタイトルも好み。(井戸沼)