「デジタルネイティブ」な米作家オースティン・リーの日本初個展

オースティン・リーの個展『Serious Works』が、3月3日から東京・元麻布のKaikai Kiki Galleryで開催される。

1983年に生まれ、アメリカ・ニューヨークに在住するアーティストのオースティン・リー。iPadやZBrushなどを使って落書きのような輪郭や、平坦な線、2次元と3次元が共存する構図などが特徴的な作品を制作し、アメリカ国内をはじめ、イギリスやスウェーデン、イタリア、フランスなどで発表している。

同展はリーにとって日本では初の個展となる。作品制作についてリーは、「ペインティングすることより、Photoshopを使ってきた時間の方がずっと長いと思う。だから何か問題があったときにPhotoshopでそれを解決するっていうのは、僕にとってごく自然なことなんだ」とコメントしている。初日の3月3日にはレセプションを開催。

なおKaikai Kiki Galleryのオフィシャルサイトでは、リーと村上隆が同展に寄せたコメントが公開されている。

イベント情報

オースティン・リー
『Serious Works』

2017年3月3日(金)~3月30日(木) 会場:東京都 元麻布 Kaikai Kiki Gallery
時間:11:00~19:00 休廊日:日、月曜、祝日 料金:無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 「デジタルネイティブ」な米作家オースティン・リーの日本初個展

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて