瀬戸康史、柄本時生ら共演 前川知大作『関数ドミノ』を寺十吾演出で上演

舞台『関数ドミノ』が、10月に東京・下北沢の本多劇場で上演される。

『関数ドミノ』は地方都市で起きた不可解な交通事故をきっかけに、奇跡を起こすとされる人間「ドミノ」を巡って起こる出来事を描いた作品。作者の前川知大が率いる劇団・イキウメによって2005年、2009年、2014年に上演されている。

ワタナベエンターテインメントの企画・制作によるプロデュース公演となる今回は、出演者に瀬戸康史、柄本時生、小島藤子、鈴木裕樹、山田悠介、池岡亮介、八幡みゆき、千葉雅子、勝村政信が名を連ね、演出を寺十吾が担当。上演日程の詳細は後日発表される。なお東京公演の終了後は地方公演を予定しているという。

イベント情報

『関数ドミノ』

2017年10月 会場:東京都 下北沢 本多劇場
作:前川知大 演出:寺十吾 出演: 瀬戸康史 柄本時生 小島藤子 鈴木裕樹 山田悠介 池岡亮介 八幡みゆき 千葉雅子 勝村政信
  • HOME
  • Stage
  • 瀬戸康史、柄本時生ら共演 前川知大作『関数ドミノ』を寺十吾演出で上演

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて