ニュース

実写『銀魂』から安田顕&早見あかりの「村田兄妹」ビジュアル公開

左から村田鉄矢役の安田顕、村田鉄子役の早見あかり ©空知英秋/集英社 ©2017「銀魂」製作委員会
左から村田鉄矢役の安田顕、村田鉄子役の早見あかり ©空知英秋/集英社 ©2017「銀魂」製作委員会

実写映画『銀魂』の新ビジュアルが公開された。

今回公開されたのは、安田顕演じる刀鍛冶屋の村田鉄矢と、早見あかり演じる妹・鉄子のキャラクタービジュアル。鉄矢と鉄子は物語の鍵を握る名刀「紅桜」を作った刀匠・村田仁鉄の後を継いで、刀鍛冶屋を営んでいるという設定だ。

安田演じる鉄矢は、父を超えようとするあまりに並外れた刀を生み出してしまう男で、人の話を聞かずに大きな声で話すのが特徴。長髪に濃い眉毛で鉄矢役を演じた安田は、撮影を振り返って「原作でも描かれているようにとにかく大きな声をだすことを意識して演じましたが、いざやってみると結構難しかったです…。きっと面白い『銀魂』の世界が映像で繰り広げられると思います」とコメントしている。早見演じる鉄子は鉄矢とは対照的に内気なキャラクターとなり、「人を守る剣」を作ることを目指している。

7月14日から公開される『銀魂』は、空知英秋による同名漫画の実写版。宇宙から来た「天人」の台頭と廃刀令により、侍が力を失っている江戸を舞台に、銀時と仲間たちの身に起こる様々な事件を描く。主演を小栗旬が務めるほか、菅田将暉、橋本環奈、長澤まさみ、岡田将生、ムロツヨシ、中村勘九郎、柳楽優弥、吉沢亮、堂本剛、新井浩文、佐藤二朗、菜々緒らがキャストに名を連ねる。メガホンを取るのは福田雄一。

坂田銀時役の小栗旬 ©空知英秋/集英社 ©2017「銀魂」製作委員会
坂田銀時役の小栗旬 ©空知英秋/集英社 ©2017「銀魂」製作委員会
志村新八役の菅田将暉 ©空知英秋/集英社 ©2017「銀魂」製作委員会
志村新八役の菅田将暉 ©空知英秋/集英社 ©2017「銀魂」製作委員会
神楽役の橋本環奈 ©空知英秋/集英社 ©2017「銀魂」製作委員会
神楽役の橋本環奈 ©空知英秋/集英社 ©2017「銀魂」製作委員会
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

映画『サラバ静寂』予告編

1月27日公開の映画『サラバ静寂』予告編が届いた。音楽が無料で手に入ったり音楽フェスが溢れる音楽飽和時代に、なぜ「音楽が禁止された世界」を描くのか? 現代から考えれば、ある意味ではSFともいえる作品かもしれないけど、現代だからこそ、たくさんの人が見る意味のある作品だと思う。SUMIREの初演技にも要注目。(川浦)

  1. 「娼夫」松坂桃李が女性とまさぐりあう 映画『娼年』特報公開&初日決定 1

    「娼夫」松坂桃李が女性とまさぐりあう 映画『娼年』特報公開&初日決定

  2. ラッパーのUZIが大麻取締法違反で逮捕、『フリースタイルダンジョン』司会 2

    ラッパーのUZIが大麻取締法違反で逮捕、『フリースタイルダンジョン』司会

  3. 宇多田ヒカルがプロデュース 小袋成彬がメジャーデビュー、コラボ曲が配信 3

    宇多田ヒカルがプロデュース 小袋成彬がメジャーデビュー、コラボ曲が配信

  4. サマソニにBECK、ノエル、CHANCE THE RAPPERら、ソニマニにマイブラ、NIN 4

    サマソニにBECK、ノエル、CHANCE THE RAPPERら、ソニマニにマイブラ、NIN

  5. 高橋一生が激しく「ヲタ芸」を打つ、「氷結」新CM ドキュメント映像も公開 5

    高橋一生が激しく「ヲタ芸」を打つ、「氷結」新CM ドキュメント映像も公開

  6. 真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋が共演 『焼肉ドラゴン』映画化 6

    真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋が共演 『焼肉ドラゴン』映画化

  7. 空前のヒップホップブームのなか、バンド音楽の魅力を改めて考察 7

    空前のヒップホップブームのなか、バンド音楽の魅力を改めて考察

  8. 映画『ドラえもん』、星野源が歌う主題歌“ドラえもん”入り予告編が公開 8

    映画『ドラえもん』、星野源が歌う主題歌“ドラえもん”入り予告編が公開

  9. 小沢健二が「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター初登場、90年代の写真にコメント 9

    小沢健二が「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター初登場、90年代の写真にコメント

  10. 映画『ママレード・ボーイ』両親Sに中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆 10

    映画『ママレード・ボーイ』両親Sに中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆