ニュース

『エヴァ』高橋洋子が鷺巣詩郎とタッグ、ジャケは安野モヨコ描き下ろし

高橋洋子『Welcome to the stage!』ジャケット
高橋洋子『Welcome to the stage!』ジャケット

高橋洋子のシングル『Welcome to the stage!』が、3月22日にリリースされる。

“残酷な天使のテーゼ”“魂のルフラン”など『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズの楽曲を歌ったことでも知られる高橋洋子。『Welcome to the stage!』には、『エヴァンゲリオン』『シン・ゴジラ』の音楽を担当した鷺巣詩郎が作編曲を担当した楽曲が収められる。ジャケットには庵野秀明監督の妻でもある漫画家の安野モヨコが描き下ろしたイラストを使用。

なお同シングルの発売日である3月22日には『シン・ゴジラ劇伴音楽集』のCD版と、『シン・ゴジラ』のBlu-rayとDVDがリリースされる。また高橋もゲスト出演するコンサート『シン・ゴジラ対エヴァンゲリオン交響楽』が、3月22日と23日に東京・渋谷のBunkamuraオーチャードホールで開催。チケットは現在販売中だ。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)