アカデミー賞8部門ノミネート作『ムーンライト』 本国版予告編&新画像

映画『ムーンライト』の新たなビジュアルとアメリカ版の予告編が公開された。

4月から全国で公開される同作は、『第74回ゴールデン・グローブ賞』ドラマ部門作品賞を受賞し、現地時間の2月26日に発表される『第89回アカデミー』では作品賞、監督賞など8部門にノミネート。バリー・ジェンキンスが監督を務め、マイアミを舞台に自分の居場所やアイデンティティーを模索する黒人の少年シャロンの姿が、少年期、ティーンエイジャー期、大人になるまでの3つの時代で描かれる。

公開されたビジュアルは、アレックス・ヒバートが演じる少年期、アッシュトン・サンダースが演じる青年期、トレバンテ・ローズが演じる成人期のそれぞれの時代のシャロンの姿を写したビジュアルと、3人の顔写真を1人の人物として合成させたもの。

3人の人物を違和感なく合成させることができた理由が「瞳」にあると語るジェンキンス監督は、「お互いが一度も会わずに、同じ内面を持つ主人公を演じられる3人を見つけることがなによりも重要だった。3人は年齢も顔つきも違うが、共通する内なる感情があって、それを『瞳』で完璧に表現できたんだ」とコメントしている。また公開されたビジュアルにはそれぞれの時代を象徴するコピーが記されている。

※記事掲載時、一部表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

作品情報

『ムーンライト』

2017年4月からTOHOシネマズシャンテほか全国公開
監督・脚本:バリー・ジェンキンス 出演: トレバンテ・ローズ アンドレ・ホーランド ジャネール・モネイ アッシュトン・サンダース アレックス・ヒバート マハーシャラ・アリ ナオミ・ハリス 上映時間:111分 配給:ファントム・フィルム
  • HOME
  • Movie,Drama
  • アカデミー賞8部門ノミネート作『ムーンライト』 本国版予告編&新画像

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて