ニュース

坂本慎太郎「最高の教科書」 タイ・イサーン音楽700枚を紹介するガイド本

書籍『旅するタイ・イサーン音楽ディスク・ガイド TRIP TO ISAN』が、4月8日に刊行される。

バンコクとは異なる独自の風土を持ち、アピチャッポン・ウィーラセタクンのルーツでもあるタイ東北部のイサーン地方。同書はイサーン地方にまつわるレコードとCDを約700枚掲載するガイドブックとなる。

オールカラーで作品を紹介するほか、タイ音楽初心者に向けた歴史と用語の解説、タイ音楽をリリースする世界各国のレーベルオーナーへのインタビュー、旅に関わるコラム、現地での出会いをイメージしたビジュアルなども収録する。また空族、江村幸紀(em records)、マーク・ジャーギス&アラン・ビショップ(SUBLIME FREQUENCIES)によるコラムも収められる。

著者はDJチームのSoi48。タイ音楽の再発音源シリーズの監修や雑誌への寄稿を行なっているほか、2月25日に公開される空族の映画『バンコクナイツ』の音楽監修を手掛けている。また同書の帯には坂本慎太郎が「自分も含めタイ音楽に興味のある人にとって最高の教科書。こんな本を待ってました」とコメントを寄せている。

『旅するタイ・イサーン音楽ディスク・ガイド TRIP TO ISAN』表紙
『旅するタイ・イサーン音楽ディスク・ガイド TRIP TO ISAN』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)