長塚圭史ら4人が「新ロイヤル大衆舎」結成 旗揚げ公演に常盤貴子ら

新ロイヤル大衆舎の舞台『王将』が、4月27日から東京・下北沢の小劇場楽園で上演される。

新ロイヤル大衆舎は、福田転球、大堀こういち、長塚圭史、山内圭哉の4人によって新たに結成されたユニット。旗揚げ公演として、北條秀司の戯曲『王将』3部作を一挙に上演する。同作は明治から昭和にかけて活動した棋士・坂田三吉の生涯を描いた作品だ。

主人公の坂田役を福田が演じるほか、大堀、長塚、山内に加えて、常盤貴子、大東駿介、江口のりこ、森田涼花、弘中麻紀らが共演者に名を連ねている。構成台本と演出を長塚、音楽を山内が担当。舞台美術を2月に『第24回読売演劇大賞』を受賞した堀尾幸男が手掛ける。

公演期間中は、第1部、第2部、第3部をそれぞれ異なる日時に上演するほか、3部を一挙に上演する日も設ける。公演スケジュールは新ロイヤル大衆舎のオフィシャルサイトで確認しよう。なお会場の小劇場楽園は約80席の劇場となる。

チケットの一般販売は2月25日に開始。1日で3部作を連続観劇できるセット券なども販売される。

イベント情報

新ロイヤル大衆舎
『王将』

2017年4月27日(木)~5月14日(日)全35公演 会場:東京都 下北沢 小劇場楽園
作:北條秀司 構成台本・演出:長塚圭史 音楽:山内圭哉 出演: 福田転球 大堀こういち 長塚圭史 山内圭哉 常盤貴子 大東駿介 江口のりこ 森田涼花 弘中麻紀 櫻井章喜 高木稟 さとうこうじ 金井良信 古河耕史 石田剛太 原田志 池浦さだ夢 陰山泰 料金:一般6,000円 25歳以下4,000円 3部作セット券15,000円 1部2部セット券11,000円 ※1部2部セット券は4月27日、4月28日公演に適用
  • HOME
  • Stage
  • 長塚圭史ら4人が「新ロイヤル大衆舎」結成 旗揚げ公演に常盤貴子ら

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて