石野卓球が全部“GET WILD”の33曲入りアルバムにリミックスで参加

TM NETWORKの楽曲“GET WILD”のリリース30周年を祝うアルバム『GET WILD Thanks 30th Anniversary(仮)』に、石野卓球(電気グルーヴ)がリミックスで参加することがわかった。

4月5日にリリースされる同作は、様々なバージョンの“GET WILD”のみで構成される3枚組の作品。これまでに発表されてきたライブバージョンやリミックス、他アーティストによるカバーなど、全33曲の“GET WILD”がレーベルの枠を越えて収録される。

石野は同曲のリミックス“GET WILD / Takkyu Ishino Latino Acid Remix”を提供。電気グルーヴは1991年に「TMN VS 電気GROOVE」名義で発表したTM NETWORKのカバー“RHYTHM RED BEAT BLACK(Version 300000000000)”でメジャーデビューし、小室哲哉が自身のレギュラー番組に彼らを招くなど交流を重ねていた。昨年10月に再会した際には石野がピエール瀧、小室との写真を「Get wild!」というコメントと共に投稿した。

『GET WILD Thanks 30th Anniversary(仮)』への参加にあたり石野は「(RHYTHM RED BEAT BLACK(Version 300000000000)の時の)リメイクとは違って、今回はきちんとリミックスが出来て良かったです」とのコメントを寄せている。

リリース情報

TM NETWORK
『GET WILD Thanks 30th Anniversary(仮)』(3CD)

2017年4月5日(水)発売 価格:3,240円(税込)
・Get Wild(1987/4/8) ・Get Wild(“FANKS CRY-MAX”Version)(1987/6/24 日本武道館) ・GET WILD '89(1989/4/15) ・Get Wild(“COLOSSEUM I”Version)(1989/8/29 横浜アリーナ) ・Get Wild(“RHYTHM RED TMN TOUR”Version)(1991/2/22 仙台イズミティー) ・Get Wild(“tour TMN EXPO ARENA FINAL”Version)(1992/4/12 横浜アリーナ) ・Get Wild(techno overdub mix)(1993/8/21) ・GET WILD '89(“TMN final live LAST GROOVE 5.18”Version)(1994/5/18 東京ドーム) ・GET WILD DECADE RUN(1999/7/22) ・GET WILD(LIVE EPIC25 ver)(2003/8/20) ・Get Wild(Double Decade 2004/4 横浜アリーナ) ・Get Wild(Double Decade 2004/6/24 日本武道館) ・Get Wild(REMASTER version)(2007 日本武道館) ・Get Wild(Incbation Period version)(2012/4/25 日本武道館) ・Get Wild(FINAL MISSION -START investigation- version)(2013/7/21 さいたまSS) ・Get Wild 2014(2014/4/22) ・Get Wild(the beginning of the end version) ・Get Wild(QUIT30 HUGE DATA version) ・Get Wild(30th FINAL version) ・Get Wild 2015 -HUGE DATA-(2015/3/21) ・GET WILD / Takkyu Ishino Latino Acid Remix(2017 avex trax) ほか
  • HOME
  • Music
  • 石野卓球が全部“GET WILD”の33曲入りアルバムにリミックスで参加

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて