ニュース

『第61回岸田國士戯曲賞』発表 ヨーロッパ企画の上田誠が受賞

白水社が主催する『第61回岸田國士戯曲賞』の受賞作品が発表された。

8作品の最終候補から選ばれたのは、上田誠(ヨーロッパ企画)の『来てけつかるべき新世界』の上演台本。『来てけつかるべき新世界』は、将棋サロンやゲームセンターがあり、「おっさん天国」と称される大阪・新世界を舞台にしたSF作品で、昨年に東京・下北沢の本多劇場などで上演された。上田は『岸田國士戯曲賞』の最終候補に今回初めて選出されていた。

選考委員を務めた宮沢章夫は「ほぼ最初から、上田誠氏の作品に評価が集中した。見事な筆致に唸ると同時に、悔しいがいくつもの場面で笑った。この技術の高さとセンスの鋭さに感服した」とコメント。

なお今回の候補作品には、『来てけつかるべき新世界』に加えて、市原佐都子(Q)の『毛美子不毛話』、長田育恵(てがみ座)の『SOETSU―韓くにの白き太陽―』、オノマリコ(趣向)の『THE GAME OF POLYAMORY LIFE』、瀬戸山美咲(ミナモザ)の『埒もなく汚れなく』、林慎一郎(極東退屈道場)の『PORTAL』、平塚直隆(オイスターズ)の『ここはカナダじゃない』、山縣太一(オフィスマウンテン)の『ドッグマンノーライフ』の8作品が選出されていた。選考員は岩松了、岡田利規、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、野田秀樹、平田オリザ、宮沢章夫。授賞式は4月17日に東京・神楽坂の日本出版クラブ会館で行なわれる。

ヨーロッパ企画『来てけつかるべき新世界』ビジュアル
ヨーロッパ企画『来てけつかるべき新世界』ビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“テーブル”

The Wisely Brothersの新アルバム『Captain Sad』から、リード曲“テーブル”のMVが公開。監督は新進気鋭のアートチーム「chua」。目の前に座っていても視線は交わされない、ひりつくように愛おしい時間は自分の記憶にも確かに存在していて、なんとも切ない気持ちに。ちょっとドリーミーなのも癖になる。<ふたつが重なることはない どうしてもそれぞれは なくなるコーヒーを見て歌おう>というフレーズ、このアルバムに通して漂う悲哀と希望がぎゅっと詰まっているよう。(石澤)

  1. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 1

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  2. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 2

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  3. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 3

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  4. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 4

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  5. 大友良英が『いだてん』に感じた、今の時代に放送される必然性 5

    大友良英が『いだてん』に感じた、今の時代に放送される必然性

  6. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 6

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  7. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 7

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  8. 『スター・ウォーズ』の展覧会『STAR WARS Identities』寺田倉庫で開幕 8

    『スター・ウォーズ』の展覧会『STAR WARS Identities』寺田倉庫で開幕

  9. 三浦直之とEMCによるファミレス感漂う「ポップカルチャー」談義 9

    三浦直之とEMCによるファミレス感漂う「ポップカルチャー」談義

  10. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 10

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演