建築家・藤森照信の25年の仕事を紹介する展覧会、新作茶室での茶会も

『藤森照信展―自然を生かした建築と路上観察』が、3月11日から茨城・水戸芸術館現代美術ギャラリーで開催される。

建築家・建築史家の藤森照信は1946年に長野で生まれ、近現代の建築史や都市史の研究者として活動したのち、45歳で建築家としてデビュー。自然素材や植物を取り入れた建築を多く発表しているほか、赤瀬川原平、南伸坊らと共に書籍『路上観察学入門』の著者に名を連ねている。

同展では約25年間にわたって藤森が手掛けてきた建築作品を紹介。写真、模型、図面のほか、壁や屋根素材の見本、藤森の設計による家具なども展示する。さらにギャラリー内に藤森が新作の茶室『せん茶』を制作するほか、和菓子屋「たねや」が滋賀・近江八幡で展開し、藤森が複数施設の設計を担当した「ラ コリーナ近江八幡」に関連するスペースも設けられる。

期間中には藤森による講演会や『せん茶』での茶会、『水戸路上観察学会総会』といったイベントも開催。詳細は水戸芸術館のオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『藤森照信展―自然を生かした建築と路上観察』

2017年3月11日(土)~5月14日(日) 会場:茨城県 水戸芸術館現代美術ギャラリー
時間:9:30~18:00(入場は17:30まで) 休館日:月曜(3月20日は開館)、3月21日 料金:一般800円 ※中学生以下、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方と付添者1名は無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 建築家・藤森照信の25年の仕事を紹介する展覧会、新作茶室での茶会も

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて