ニュース

A.B.C-Z塚田僚一主演 中屋敷法仁演出の『サクラパパオー』に片桐仁ら

『サクラパパオー』イメージビジュアル
『サクラパパオー』イメージビジュアル

舞台『サクラパパオー』が、4月26日から埼玉・彩の国さいたま芸術劇場、5月10日から東京・有楽町の東京国際フォーラムで上演される。

『サクラパパオー』は、1993年に鈴木聡主宰の劇団「ラッパ屋」によって初演され、2001年にパルコ・プロデュースとして再演された作品。トワイライトレースが行なわれる夜の競馬場を舞台にしたコメディーとなり、様々な事情を抱えた8人の運命が交錯する1夜の物語を描く。

今回の上演では主人公の田原俊夫役を塚田僚一(A.B.C-Z)が演じるほか、片桐仁、中島亜梨沙、黒川智花らが共演者に名を連ねている。演出を手掛けるのは、劇団「柿喰う客」主宰の中屋敷法仁。公演のチケットは現在発売中だ。

なお、同公演は東京公演終了後、宮城、愛知、大阪でも上演される。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)