蛭子能収の不条理な漫画世界、『シン・えびすリアリズム』展に約200点

蛭子能収の展覧会『シン・えびすリアリズム~蛭子さんの展覧会~』が、3月18日から福岡・北九州市漫画ミュージアムで開催される。

1973年に雑誌『月刊漫画ガロ』でデビューした漫画家の蛭子能収。不条理な作風で知られ、昨年にはデビュー作『パチンコ』を含む書籍『パチンコ 蛭子能収初期漫画傑作選』や『復活版 地獄に堕ちた教師ども』などを刊行した。またタレントや俳優としても活動している。

同展では蛭子がこれまでに描いてきた漫画作品を中心に紹介。漫画の原画に加え、学生時代に描かれた絵画や近年のイラスト、立体作品、資料など約200点を展示する。また期間中の3月18日と5月5日には、蛭子による「似顔絵サイン会」も実施される。詳細は北九州市漫画ミュージアムのオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『シン・えびすリアリズム~蛭子さんの展覧会~』

2017年3月18日(土)~5月21日(日) 会場:福岡県 北九州市漫画ミュージアム 企画展示室
時間:11:00~19:00(入館は18:30まで) 料金:一般500円 中高生300円 小学生200円
  • HOME
  • Art,Design
  • 蛭子能収の不条理な漫画世界、『シン・えびすリアリズム』展に約200点

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて