石川竜一が写す草と人物の「ポートレート」 地点×赤々舎の展覧会

石川竜一の写真展『草に沖に』が、3月25日から京都・アンダースローで開催される。

京都に拠点を置く劇団・地点と出版社の赤々舎が共同プロデュースを手掛ける同展。写真集『絶景のポリフォニー』『okinawan portraits 2010-2012』で2015年に『第40回木村伊兵衛写真賞』を受賞した沖縄出身の写真家・石川竜一の作品を、地点の稽古場兼アトリエであるアンダースローの空間内に展示する。

展示の中心となるのは、アンダースローが発行する雑誌『地下室 草号』のために石川が制作した作品。会場では、草を写した作品と人物を捉えた写真が「ポートレート」として併置される。空間構成は三浦基(地点)が担当。また赤々舎が刊行する写真集の販売やカフェバーの営業も行なわれる。

初日の3月25日には石川と三浦、姫野希美(赤々舎)によるトークイベントを開催。予約方法などの詳細は地点のウェブサイトをチェックしよう。

イベント情報

地点×赤々舎 石川竜一写真展
『草に沖に』

2017年3月25日(土)~4月25日(火) 会場:京都府 アンダースロー
時間:13:00~20:00(3月25日は18:00から) 料金:無料
  • HOME
  • Art,Design
  • 石川竜一が写す草と人物の「ポートレート」 地点×赤々舎の展覧会

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて