ニュース

ディーン・フジオカの結婚詐欺師ビジュアル公開 映画『結婚』続報

ディーン・フジオカの主演映画『結婚』の公開日が6月24日に決定。あわせて追加キャストとポスタービジュアルが公開された。

井上荒野の小説をもとにした同作は、知的な会話や色気で女を翻弄する結婚詐欺師・古海健児を主人公にした作品。古海に騙された女たちが偶然に繋がり、彼の行方を探し始めたことから、やがて古海の抱える秘密が明らかになるというあらすじだ。これまでに古海役のフジオカに加え、古海の相棒・千石るり子役の柊子の出演が明らかになっていた。監督は連続テレビ小説『あさが来た』の演出を手掛けた西谷真一。

今回出演が明らかになったのは、古海に惹かれる家具屋店員・工藤麻美役の中村映里子、同じく古海に惹かれていく編集者・吉岡真奈役の松本若菜、自分を騙した古海を探そうとする市役所勤務の穂原鳩子役の安藤玉恵、鳩子と共に古海を追う探偵・矢島役の古舘寛治、古海を助ける謎の女・柊泰江役の萬田久子、古海の妻・初音役の貫地谷しほり。脚本を担当する尾崎将也は、脚本執筆の段階から初音役に貫地谷をイメージしていたという。

またポスタービジュアルでは「『結婚しよう』─それが、彼の別れの言葉」というコピーと共に、フジオカ演じる古海が指輪を差し出す様子が写し出されている。さらに今回の発表とあわせて同作の主題歌がフジオカの楽曲“Permanent Vacation”になることが判明。作詞作曲をフジオカ自らが手掛けた楽曲だという。映画は2月にクランクアップを迎え、現在ポストプロダクションを行なっている。

ディーン・フジオカのコメント

全体としては短い撮影期間でしたが、一つ一つのシーンがまるで象徴的な絵画の芸術作品に思えるような、そんなポエティックな世界観をみんなで作ってきた日々だったと思います。今回やらせていただいたウルミという結婚詐欺師の役ですが、世の中的には犯罪者でとんでもない悪い奴です。そんな彼のバックグラウンドが持つ負のスパイラルが、物語の中でどう変化していくのか。生きることは選び続ける事ならば、誰しもこのウルミとどこかで共感できる部分もあるんじゃないかと思います。撮影が終了し、今はこの役から離れるのが名残惜しいです。
(後日談)打ち上げめっちゃ楽しかったです!

萬田久子のコメント

ディーン・フジオカとの共演について
『あさが来た』以来、久しぶりにご一緒でき嬉しかったです。朝ドラではすれ違いだったので、今回が初共演みたいなもの。
相変わらず爽やかなディーンに癒されました。本当にデートしているような気分で、とっても楽しい撮影でした♡

柊泰江役を演じた感想
古海に何らかの心の化学反応・変化のきっかけを与える謎の女。Luxury Linerのシーンあり、水族館のシーンあり『コドナ』っぽくてミステリアスよ♡

公開への意気込み
素敵にほろ苦い世界観がとてもオシャレな作品に。上質なひとときを過ごせると思いますので、ごゆるりとディーン演じる古海に酔って下さいませ。

貫地谷しほりのコメント

ディーン・フジオカとの共演について
ディーンさんは常に役のこと映画の事を考えてらっしゃる姿が印象的でした。

初音役を演じた感想
映画の中でとても大切な役をオファーしてくださった西谷監督と脚本家の尾崎さんに応えられたのか不安ですが又ご一緒できて光栄でした。

公開への意気込み
まずはどんな映画に出来上がっているのかが楽しみです。古海が初音以外の女性たちに、どんな視線を向けているのかも楽しみです。この映画での結婚の意味とは何なのか一緒に目撃してください。

『結婚』ポスタービジュアル ©2017「結婚」製作委員会
『結婚』ポスタービジュアル ©2017「結婚」製作委員会
『結婚』 ©2017「結婚」製作委員会
『結婚』 ©2017「結婚」製作委員会
『結婚』 ©2017「結婚」製作委員会
『結婚』 ©2017「結婚」製作委員会
『結婚』 ©2017「結婚」製作委員会
『結婚』 ©2017「結婚」製作委員会
『結婚』 ©2017「結婚」製作委員会
『結婚』 ©2017「結婚」製作委員会
『結婚』 ©2017「結婚」製作委員会
『結婚』 ©2017「結婚」製作委員会
『結婚』 ©2017「結婚」製作委員会
『結婚』 ©2017「結婚」製作委員会
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年