ニュース

アニメ映画『GODZILLA』は3部作で公開 宮野真守、櫻井孝宏らの配役も判明

映画『GODZILLA』の続報が発表された。

2017年から劇場公開され、Netflixでの配信も決定している東宝製作のアニメーション映画『GODZILLA』。静野孔文と瀬下寛之が監督を務め、ストーリー原案と脚本を『魔法少女まどか☆マギカ』の虚淵玄、制作をポリゴン・ピクチュアズが担当する。

同作に登場するゴジラは、「怪獣」と呼ばれる巨大生物を駆逐する究極生物という設定。半世紀にわたる怪獣との戦いに敗れた人類が決行した他惑星への移民計画と、その頓挫を背景に、長距離亜空間航法で地球に帰還した主人公ハルオ・サカキらが、2万年後の地球上で築き上げられたゴジラを頂点とする未知の生態系を目にするというあらすじだ。

今回の続報では、配役とキャラクタービジュアルが公開。幼少期にゴジラに両親を殺され、打倒ゴジラを夢見る主人公のハルオ・サカキ役を宮野真守が演じる。ハルオに理解を示す異星人のメトフィエス役を櫻井孝宏、ハルオと共に育ったヒロインのユウコ・タニ役を花澤香菜、軍に所属する環境生物学者のマーティン・ラッザリ役を杉田智和、ハルオを慕う若手パイロットのアダム・ビンデバルト役を梶裕貴、強靭な体を持つ異星人の技術士官ムルエル・ガルグ役を諏訪部俊一がそれぞれ演じる。

あわせて、『GODZILLA』が3部作になることが判明。第1部にあたる『GODZILLA -怪獣惑星-』は11月に全国で公開される。

『GODZILLA -怪獣惑星-』ティザーポスタービジュアル ©2017 TOHO CO.,LTD
『GODZILLA -怪獣惑星-』ティザーポスタービジュアル ©2017 TOHO CO.,LTD
宮野真守が声を担当するハルオ・サカキ ©2017 TOHO CO.,LTD
宮野真守が声を担当するハルオ・サカキ ©2017 TOHO CO.,LTD
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Chara “Tiny Dancer”

<わたしが置いていくものは小さな態度><愛したことは真実>という印象的なフレーズとは裏腹にCharaのとびきり甘く優しい歌声が包み込む。満島ひかりとはとても不思議な女性で、「こども」と「おとな」を併せ持っているようだ。それはCharaも同じかもしれない。そんな二人が溶け合って惹かれあっているみたい。(川浦)