松本人志の「1千万円」争奪バトル第2期が4月開幕 バナナマン日村ら初参戦

松本人志によるバラエティーシリーズ『HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル』のシーズン2が4月26日からAmazonプライム・ビデオで配信される。

昨年11月にシーズン1が配信された『HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル』は、100万円の参加費を支払った10人の芸人が、賞金1千万円をかけて挑む「密室笑わせ合いサバイバル」。制限時間は6時間で、松本の判断によって笑った参加者は退場となる。シーズン1の第1話、第2話は日本のAmazonオリジナル作品で最多のストリーム数と最長視聴時間を記録したという。

シーズン2の参加者は、前回に引き続き出演する宮川大輔、藤本敏史(FUJIWARA)、ジミー大西に加え、初参加となる日村勇紀(バナナマン)、児嶋一哉(アンジャッシュ)、小峠英二(バイきんぐ)、大島美幸(森三中)、津田篤宏(ダイアン)、吉村崇(平成ノブシコブシ)、斉藤慎二(ジャングルポケット)の10人。今回の発表とあわせて同番組の予告編も公開された。

※記事掲載時、一部表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

番組情報

『HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル』シーズン2

2017年4月26日(水)からAmazonプライム・ビデオで配信
松本人志 宮川大輔 藤本敏史(FUJIWARA) ジミー大西 日村勇紀(バナナマン) 児嶋一哉(アンジャッシュ) 小峠英二(バイきんぐ) 大島美幸(森三中) 津田篤宏(ダイアン) 吉村崇(平成ノブシコブシ) 斉藤慎二(ジャングルポケット)
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 松本人志の「1千万円」争奪バトル第2期が4月開幕 バナナマン日村ら初参戦

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて