藤原さくらの新アルバム 『3月のライオン』主題歌や福山雅治提供曲も収録

藤原さくらのニューアルバム『PLAY』が5月10日にリリースされる。

映画『3月のライオン』後編にスピッツのカバーとなる主題歌“春の歌”を提供している藤原さくら。4月2日からはBSフジの番組『ポンキッキーズ』に出演し、春風亭昇々と共にMCを務めている。

1stアルバム『good morning』以来、約1年3か月ぶりのアルバムとなる『PLAY』には、“春の歌”や自身がヒロイン役として出演したドラマ『ラヴソング』の主題歌で、福山雅治が作詞作曲を手掛けた“Soup”および劇中歌の“好きよ 好きよ 好きよ”、『ポンキッキーズ』のエンディングテーマ曲“Someday”など全12曲を収録。

参加ミュージシャンにはYAGI & RYOTA(SPECIAL OTHERS)、秋田ゴールドマン(SOIL&"PIMP"SESSIONS)、永野亮(APOGEE)、H ZETT M(H ZETTRIO)、mabanua(Ovall)、鈴木シンゴ(Ovall)、関口シンゴ(Ovall)、Kan Sanoが名を連ねている。初回限定盤には“Someday”のPVと、2月に東京・渋谷のBunkamuraオーチャードホールで開催されたライブの映像を収めたDVDが付属。アートワークはこれまでも藤原の作品を担当してきた藤田二郎が手掛けた。

藤原さくら『PLAY』収録内容

[CD]
1. My Way
2. Someday
3. 春の歌
4. play with me
5. 赤
6. 好きよ 好きよ 好きよ
7. sakura
8. Necklace
9. Soup
10. play sick
11. SPECIAL DAY
12. はんぶんこ
[DVD]
・Someday(Music Video)
『藤原さくら Special Live 2017- Live at Bunkamura Orchard Hall 20170218 -』
・Soup
・Walking on the clouds
・MC - Soup(reprise)
・500マイル
・1995
・Necklace
・Someday
・「かわいい」
・春の歌
※DVDは初回限定盤のみ付属

リリース情報
リリース情報
  • HOME
  • Music
  • 藤原さくらの新アルバム 『3月のライオン』主題歌や福山雅治提供曲も収録

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて