ニュース

「サザエBOT」なかのひとよの初個展 展示内容は事前公開なし&口外禁止

なかのひとよ ©Norman Posselt
なかのひとよ ©Norman Posselt

なかのひとよの個展『#ブラックボックス展』が、5月6日から東京・六本木のart & science gallery lab AXIOMで開催される。

Twitterアカウント「サザエBOT」の運営者として知られるなかのひとよ。「サザエBOT」は昨年にオーストリアのメディアアート賞『Prix Ars Electronica 2016』で優秀賞に選出された。ウェブサービスを活用した様々な「市民参加型」のイベントを実施しているほか、マネキンや宇宙服のようなコスチューム姿で『TEDxTokyo』をはじめとする国内外のカンファレンスに登壇している。

初の個展となる『#ブラックボックス展』では、なかのの意向により展示内容の情報開示が行なわれず、会期中も来場者による写真や動画の撮影、録音は禁止される。また作品や展示に関する情報をインターネットに発信・公開することや、第三者に口外する行為も会期終了まで禁止となる。趣旨に賛同し、当日同意書に署名した者のみが入場できるという。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)