『ラ・フォル・ジュルネ』今年は舞曲に注目 渋さ知らズが今回も出演

『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2017』が、5月4日から3日間にわたって東京・有楽町の東京国際フォーラムほかで開催される。

『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン』はクラシック音楽のイベント。東京では2005年に初開催された。今回は「ラ・ダンス 舞曲の祭典」をテーマに据え、舞曲や民族舞踊、バレエ音楽などを中心にした約350公演を実施する。

出演アーティストには、国内外の管弦楽団をはじめ、アルゼンチン出身のピアニストであるネルソン・ゲルナー、和太鼓奏者の林英哲、パーカッショニストのシモーネ・ルビノ、バロック音楽と中南米の民族音楽を融合させるグループ・Tembembe、ジャズ作曲家の挾間美帆、これまでにも同イベントに出演している渋さ知らズオーケストラらが名を連ねている。

イベント情報

『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2017』

2017年5月4日(木・祝)~5月6日(土) 会場:東京都 有楽町 東京国際フォーラム、大手町・丸の内・有楽町エリア
出演: ネルソン・ゲルナー レミ・ジュニエ 小曽根真 フランス国立ロワール管弦楽団 オーベルニュ室内管弦楽団 ウラル・フィルハーモニー管弦楽団 シンフォニア・ヴァルソヴィア 新日本フィルハーモニー交響楽団 林英哲 シモーネ・ルビノ 挾間美帆 渋さ知らズオーケストラ Tembembe and more
  • HOME
  • Music
  • 『ラ・フォル・ジュルネ』今年は舞曲に注目 渋さ知らズが今回も出演

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて