ニュース

ディキンソン、芭蕉らへオマージュ 「文字」がモチーフの角田純個展

角田純『RAIN I DON'T MIND...』2017年 ©Jun Tsunoda
角田純『RAIN I DON'T MIND...』2017年 ©Jun Tsunoda

角田純の個展『SOUND AND VISION』が、4月18日から東京・恵比寿のPOSTで開催される。

1960年に愛知に生まれた角田純。1980年代から角田純一名義でアートディレクターとしての活動を開始し、広告や出版の分野を手掛けたのち、2000年代半ばから画家としてのキャリアをスタートさせた。水彩、コラージュ、シルクスクリーンといった様々な画材を用いて制作を行なっている。

『SOUND AND VISION』では、文字をモチーフにしたドローイング作品を展示。作品には、書道、アラビア文字、グラフィティといったジャンルの要素を取り入れながら、フェルナンド・ペソア、エミリー・ディキンソン、松尾芭蕉、種田山頭火といった文学者や芸術家にまつわる言葉が描かれているという。東京展終了後の5月27日からは、鹿児島・NEW ALTERNATIVEに巡回予定だ。

なお同名の作品集『SOUND AND VISION』は4月中旬に発売予定。展示会場ではドローイング作品が付属する限定版が販売される。

角田純『JESUS IS...』2006年 ©Jun Tsunoda
角田純『JESUS IS...』2006年 ©Jun Tsunoda
角田純『野ざらしを...』2015年 ©Jun Tsunoda
角田純『野ざらしを...』2015年 ©Jun Tsunoda
『SOUND AND VISION』表紙 ©Jun Tsunoda
『SOUND AND VISION』表紙 ©Jun Tsunoda
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 忘却の時代に生まれた明暗。『スター・ウォーズ』と『この世界の片隅に』 1

    忘却の時代に生まれた明暗。『スター・ウォーズ』と『この世界の片隅に』

  2. 『PEANUTS』生誕70周年記念、郵便局限定『スヌーピー』グッズ&切手セット 2

    『PEANUTS』生誕70周年記念、郵便局限定『スヌーピー』グッズ&切手セット

  3. 森七菜インタビュー 巨匠たちを惹きつける純粋さ、聡明さ、心の穴 3

    森七菜インタビュー 巨匠たちを惹きつける純粋さ、聡明さ、心の穴

  4. 中山美穂が新境地 『連続ドラマW 彼らを見ればわかること』第2話紹介 4

    中山美穂が新境地 『連続ドラマW 彼らを見ればわかること』第2話紹介

  5. Chara+YUKIのミニAL『echo』に大沢伸一、Seiho、mabanua、TENDREらコメント 5

    Chara+YUKIのミニAL『echo』に大沢伸一、Seiho、mabanua、TENDREらコメント

  6. 『クロちゃんのモンスターパーク』池袋PARCOで開催、「体毛研究室」初登場 6

    『クロちゃんのモンスターパーク』池袋PARCOで開催、「体毛研究室」初登場

  7. Awesome City Clubが語る、脱退・移籍をバネに大脱皮&飛翔 7

    Awesome City Clubが語る、脱退・移籍をバネに大脱皮&飛翔

  8. 『たなかみさき個展 あ~ん スケベスケベスケベ!!』熊本、広島、渋谷で開催 8

    『たなかみさき個展 あ~ん スケベスケベスケベ!!』熊本、広島、渋谷で開催

  9. 波瑠と成田凌が制服姿 遊川和彦監督『弥生、三月』予告編&ポスター 9

    波瑠と成田凌が制服姿 遊川和彦監督『弥生、三月』予告編&ポスター

  10. 菊池亜希子が渋谷PARCOでお買い物。買う事は、作り手を支える事 10

    菊池亜希子が渋谷PARCOでお買い物。買う事は、作り手を支える事