ニュース

ディキンソン、芭蕉らへオマージュ 「文字」がモチーフの角田純個展

角田純『RAIN I DON'T MIND...』2017年 ©Jun Tsunoda
角田純『RAIN I DON'T MIND...』2017年 ©Jun Tsunoda

角田純の個展『SOUND AND VISION』が、4月18日から東京・恵比寿のPOSTで開催される。

1960年に愛知に生まれた角田純。1980年代から角田純一名義でアートディレクターとしての活動を開始し、広告や出版の分野を手掛けたのち、2000年代半ばから画家としてのキャリアをスタートさせた。水彩、コラージュ、シルクスクリーンといった様々な画材を用いて制作を行なっている。

『SOUND AND VISION』では、文字をモチーフにしたドローイング作品を展示。作品には、書道、アラビア文字、グラフィティといったジャンルの要素を取り入れながら、フェルナンド・ペソア、エミリー・ディキンソン、松尾芭蕉、種田山頭火といった文学者や芸術家にまつわる言葉が描かれているという。東京展終了後の5月27日からは、鹿児島・NEW ALTERNATIVEに巡回予定だ。

なお同名の作品集『SOUND AND VISION』は4月中旬に発売予定。展示会場ではドローイング作品が付属する限定版が販売される。

角田純『JESUS IS...』2006年 ©Jun Tsunoda
角田純『JESUS IS...』2006年 ©Jun Tsunoda
角田純『野ざらしを...』2015年 ©Jun Tsunoda
角田純『野ざらしを...』2015年 ©Jun Tsunoda
『SOUND AND VISION』表紙 ©Jun Tsunoda
『SOUND AND VISION』表紙 ©Jun Tsunoda
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 1

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  2. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 2

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  3. あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用 3

    あいみょん新曲が新垣結衣×松田龍平『獣になれない私たち』主題歌に起用

  4. 岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ 4

    岡崎京子原作×門脇麦主演『チワワちゃん』特報公開 主題歌はハバナイ

  5. S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映 5

    S・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』、2週間限定でIMAX劇場上映

  6. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 6

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  7. 『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演 7

    『魔法少年☆ワイルドバージン』に田中真琴、濱津隆之、斎藤工が出演

  8. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 8

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  9. のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」 9

    のんが中原淳一の世界を表現するカレンダー、表紙は「完コピを目指した」

  10. 「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場 10

    「西洋」から見た日本写真 書籍『日本写真史 1945-2017』に写真家25人登場